そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   6 comments   0 trackback

世界アルペン滑降

2011年世界アルペン『男子・滑降』を見ながら、オット殿がブツブツ呟いてる…。

オット「僕も滑ったんだけど、滑降のコースはキツイんだよね~…」
ツマ「滑ったって、どこで…!?((;゚д゚)ェ..」
オット「フランスのバルディゼールで、女子滑降コース…」
ツマ「…???…どこ?それ…何?それ…(聞いたことないぞ、そんな話…(-_-;)」
オット「試合が終わると、誰でも滑っていいフリーコースになるんだよ。そこを滑ってみたんだけど、約3kmと距離長いし、高低差も約1kmあって斜角キツイし、僕は6割くらいしか行けなかったよ」
ツマ「残りの4割はどうやって山を下りたの?(白旗上げるとお迎え車が来るとか?)」
オット「あとは普通に滑って下りた」
ツマ「普通に…って…(--;(私なら、そこから先は車椅子か担架かロープだな…)
  それって、試合後は誰でも滑っていいの?みんな滑るの?滑れるの???」
オット「滑っていいけど、コースがキツイって事がわかってる人達は滑らないよね…。」
ツマ「あ~、やっぱり、怖いものを知らない変わり者だけが滑り降りた訳ね…(-_-;」

その昔、アルペン大回転のスーパースター、イタリアのトンバ選手は、「他の競技はいいけど、滑降だけは止めて!」とマンマに言われて、出場しなかった…らしい…(^^; イタリアのマンマは強し!?

「どうぞ」と言われて滑っちゃう素人のツマですが…、それ程危険な滑降コースを素人に滑らせるフランスってすごいな…と思っちゃう…(^^; 
日本じゃアルペン大会運営委員会が絶対に滑らせないんじゃないかな~?おおらかな時代に、おおらかな大陸で、良い経験をさせて頂きましたね…。
でも、もう止めてねっ…(- -;;ノ)ノ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私がアルペンで注目しているのは、ノルウェーのスビンダル選手。時速約160kmにもなる滑走中の転倒で、まるでボロ人形のように投げ出されて重症を負ったのに、普通なら残るであろうコースに対する恐怖や、スキー競技そのものに対するトラウマを克服して、怪我が治るとすぐに復活宣言し、1年後に同じコースで優勝した選手。

私のような凡人からすると想像を絶する精神力だけれど、それを可能にしたのが、彼の「目」だったという分析をかつてTVで見たことがあります。1分間に1回程度の瞬きしかせず、それにより、少しでも多くの情報を脳に送り、恐怖を上回る情報分析をすることで、トラウマに打ち勝っているという解説でした。

私には真似できないことではあるのだけれど、心に刺さるTVでした…。

スビンダル選手、現時点ではメダルが無いようですが、また応援しま~す

スポンサーサイト
Posted by そらまめ   4 comments   0 trackback

「全日本」といえば…

この所フィギュアスケート三昧な我が家(特に母と子…(^^;)。

受験生の癖に夕食後は勉強しない息子と共に3日連続フィギュア観戦してたので、「全日本」と聞くと、その後に続く言葉は「フィギュアスケート選手権」でしょ~!と思っちゃうんですが、オット殿に「全日本」と聞いたら「そりゃ、プロレスでしょ~!」と言われてしまいました。

人それぞれ「全日本」に対する思い出とか思い入れとか、違うのかも…(^_^;

私が子供の頃は、全日本プロレス全盛期?で、ゴールデンタイムにプロレス…って結構な頻度で放映されてたような気がします(あ、時代がバレちゃう!?)。窓が全部ミラーになってる巨大な全日本プロレスのバスを年中見かけたし、私は将来プロレスラーになろうと思ってた時期もある!くらいだし…(^^; そういえばあの頃、全日本と言えばプロレス…だったかもしれないなぁ~…。

東洋の魔女が活躍した時代は「全日本バレー」が一世を風靡したのだろうし、サッカー?ラグビー?実業団駅伝?時代と嗜好によって、「全日本」への印象って随分違うのかもしれませんね…。

合唱とか吹奏楽とか…文系全日本もあるんだし、「全日本そらまめ連盟」だってなんだって、もしかしたら、作っちゃったもん勝ち!?

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

安藤美姫“メイクの法則”

全日本フィギュアスケート選手権、見応えありました♪

真央ちゃんも優雅な演技でジャンプ復活したし、ノーミスの村上佳菜子ちゃんは目が無くなっちゃうくらいの笑顔になったし、同じくノーミスの安藤美姫さんは男らしいガッツポーズで締めくくってたし…(^^;日本フィギュア界のレベルの高さを再認識しました…。

選手の層の厚さがスゴイですね。15歳前後の若手のジャンプには、昔の選手の様な“力み”が無く軽やか…。先輩が飛べる3回転なんだから自分にも飛べる!って楽に思えるからなのでしょうね…。後輩を精神的に楽にさせてあげられる先輩と、それを追う後輩の関係…って、なんだかいいです…。

我が家のミッキー君は佳菜子ちゃんのファンで、息子は安藤美姫さんを応援してる(た?)みたい。私は、佳菜子ちゃんの笑顔も好きだし、更に若手も応援したいので、14歳の庄司理紗ちゃんを…(^。^;

あ、私が勝手に作った『安藤美姫さん・メイクの法則』とは…

“彼女の成績はメイクの薄さに比例する”…♪

息子に因れば、世界選手権で優勝した2007年以降、ナチュラルメイクなんですって…(^_^;

さぁ、次の世界選手権も薄化粧でガンバッテ~☆(o^-^)o~♪

Posted by そらまめ   4 comments   0 trackback

高橋大輔のブーム?

先日のNHK杯や、今日のグランプリシリーズを見ていて思ったこと。

バンクーバーオリンピックで見せた高橋大輔選手の『道』のインパクトって結構大きかったんじゃないかな…と。なぜなら、今年のNHK杯のフィギュア男子の選曲に、“ラテン・ノリ”が多かったのと、今日行われた中国杯の女子でも、劇場型というかストーリーを追うような演技をする人が増えてきたから。

これだけ周りにインパクトを与える演技を残せたって事は、メダルを取ることよりスゴイなって思います…。だって、記録より、記憶に残ることの方がずっと価値が高いと思うから…。

本当はオリンピックでの『道』の映像が欲しかったんですが、(放映権がらみなのか)無い!ので、トリノの世界選手権での『道』の映像を…。

それにしても、今日の中国杯、観客の少なさが異常でしたね…。

非常にやりにくい環境での選手権だと思うのですが、中国での大会に当たってしまった日本人選手には、ガンバッテ欲しいものです♪

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

フィギュアスケート・イロイロ

フィギュアスケートのNHK杯が始まりましたね。もうそんな季節なんですね~。
でも、今回外国勢は知らない出場者が多いです…。

浅田真央ちゃんが番狂わせの8位スタート。
15歳の村上佳菜子さんが2位。
フリーでの挽回に期待したいところです。

佳菜子さんのスケーティングはスピード感とセンスが感じられて期待大ですし、何より笑顔がいいですね♪(真央ちゃんは“ちゃんづけ”なのに、ずっと年下の佳菜子さんが“さんづけ”なのは…何故でしょうね…!?)

スケートと言えば、アメリカ代表としてバンクーバーオリンピック4位入賞した長洲未来ちゃんっていましたよね…。私、初めて彼女の名前を見たのが新聞だったので、勝手に「ちょうしゅう みき」ちゃんだと思ってしまって…(^^;

“ちょうしゅう みき”って、プロレスラーの長州力(ちょうしゅう りき)さんのご親戚!?ここまで似た名前って、どーなの…?なんて彼女の未来を心配してたんですが、音を聞いたら「ながす みらい」ちゃんでした!大変失礼いたしましたm(__)m

以来、我が家では本名よりも“偽名”の方で通りがいいのです…。
重ね重ね失礼いたしました…、あ、いたしております…(´^◇^)ァ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。