そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   16 comments   0 trackback

10年前の日記

片付けをしていたら、10年前の日記が出てきました!

10年前の日記

生涯”三日坊主”を貫きそうだな…って感じの、後半ほぼまっさらな日記の最初部分を読んでいたら、思わず笑ってしまったので、ちょっとだけ公開しちゃいます。

9歳の息子と、親子の会話…

◯月☓日
ハハ「おかーさん、『君のおかあさん』で、よかったなぁ~♫」
息子「そう…、それはよかった」

…………君は皇室関係者かい!?



◯月△日
息子「みんなを色に例えると、僕は薄い緑で、周りの影響を受け難い。ハリー(ポッター)と一緒。気分によって緑色近辺のいろんな色に変わることがあるけど、そういう時は要注意。自分で感情を抑えなきゃならない。」
ハハ「へぇ、そういう時、あるんだ…?」
息子「いや、今はないけど、いつかね…。コントロールすることを学ぶ必要がある。」
ハハ「………(ほぉ)………」

息子「おとーさんは紫。いろんな色を柔軟に取り入れることの出来る色。オールマイティ。」
ハハ「オールマイティって、なんでもできるって意味でしょ!?」
息子「違う。取り入れる方だよ」
ハハ「………(はぁ)………」

息子「おかーさんは、緑色から群青色。その日によって色が違う。おかーさんは25%くらいストレスを抱えてた方がいいよ。その方がストレスのある人の気持ちがわかるから。でも、下手をすると群青色になっちゃうから要注意。」
ハハ「………………」



9歳児に諭される親って、どうなの…?
”紫x群青緑⇨薄緑な家族”って、どうなの…?


なんだか気分は群青色、のそらまめでした…


スポンサーサイト
Posted by そらまめ   16 comments   0 trackback

6年分のプレゼント♬

恵比寿の街をそぞろ歩いていたときに偶然見つけたギャラリー空箱さん…
何となくいいな…とフラリと入ったら、
橋村大作さんというガラス作家さんの展覧会をやっていて、
生まれて初めて、「ここにあるもの全部欲しい…!」と思ってしまって、
狭い店内をグルグル回った挙句、
どれも買えずにギャラリーを後にしました…。

いや、欲しい!でも買えない、けど欲しい!…
でも、どれが欲しいか決められない…云々カンヌン…

うちに帰ってから、興奮してそんな話を息子にしたら、

「いいよ、じゃぁ、僕が買ってあげるよ…」

って…

「(寮生活をしていた)6年間は、いつも電話とかメールだけで、誕生日プレゼントあげてないからね。6年分だと思えば、まぁ、買えなくもない…」ってことで、お言葉に甘えて、ひとつ、買ってもらいました♬

ぐい呑みも、グラスも、酒器も花器も…色々あったのに、選んだ一つは、実理性の全くないオブジェ…

黒いガラスの内側に、透明のガラスの世界があって、その中心に、まるでラピュタのようなガラスの泡が浮かんでいる…という独自の世界。

いい立体はいい写真にならない…というジンクス故か、ただ単に私の腕が悪いのか…、私の撮った写真では、作品の良さが全然出せなかったので、興味のある方はこちらをどうぞ⇨glass studio 206番地

いと、ウレシ…

Posted by そらまめ   14 comments   0 trackback

そういえば…

震災でぼーっとしたまま時が流れ…すっかりご報告が遅れてしまいましたが、息子の受験、結果が出せませんでした…。応援して下さった皆様ありがとうございましたm(__)m 

心配してくださる友人知人がたくさんいて、

「え~?それは方向性が違うから、その大学じゃなくて別の道を行けという神様の声なんじゃない?」

「海外に息子君の理想にぴったりの大学があるよ!脱出しちゃえば~!?」

「長い人生、1年や2年どってことないんだから、初志貫徹、ガンバレ!」

「独学で受験するなんて…、丸腰でその超難関に挑むのは無謀過ぎる!塾に入れるなりなんなり、親が動かなきゃだめよ!」

等々…関係各位から、様々なご意見ご鞭撻を頂きました(^^;
皆さん息子のことを我が子のように思って下さる方々ばかりで、本当に頭が下がります…m(__)m

自分の道は自分で決めて自分で切り拓け!という方針の我が家…、独学のまま再挑戦したいという息子の願いがもう一度だけ聞き入れられることになりました。

もうホントにこれが最後だけどね…;;

何年も同じことに挑戦するのは苦手な“超短期決戦型”な私…。
もう受験生の母は飽きちゃったので…って、去年も特に何かした訳ではない(あ、参考書にいたずら書きはしたな…)から今年も同じと言えば同じなんですが、気持ち的に、更に勝手にやってね…っていう風になるかなぁ~と…(^^; 

余震に揺られながら、私は私で自分の来た道とこれからと…思うこと山盛りで、しばしブログを書く気にならず、皆様のブログを訪問もせず…、1週間のご無沙汰失礼いたしました…。またボチボチ行きたいと思いますのでよろしくお願いいたしますm(__)m

Posted by そらまめ   8 comments   0 trackback

ポスター♪

こんな時期ですが、19日(土)に、息子がお世話になっている合気道の道場で、演武大会が行われるようです。「ようです」なんて歯切れが悪い物言いなのは、最近息子はすっかりお稽古をさぼっているので、親子共そんな会があることを知らずにいたからなのですが、お知らせのポスターを見たら、あら、ま!息子がいるじゃありませんか!(ポスター右側で構えてる、後ろ向きのまぁるい頭が愚息です!)

自他共に認める“親バカそらまめ”は、ポスター見て「わぁ~い、記念写真、ゲット♪」と単純に喜んでます。が、息子は去年の全国演武大会出場以降お稽古してないんですよね…、いいんでしょうか…そんなヤツが出場して…(^^;

もしお近くの方がいらしたら、道場でお目にかかりましょう♪
この“坊主頭”とニアミスする家族がいたら、それ、そらまめファミリーです(笑)

…ってことで、今日は思いっきり親バカブログで失礼いたしました~(^o^;

Posted by そらまめ   10 comments   0 trackback

続・幸せだなって思うこと…

昨日のブログの続きをば…。

なぜ“毎朝屋根のある部屋で起きられること”が息子の幸せの基準になったのか…、ハハとしてはやっぱりなんとなく気になって、聞いて見ちゃいました。

ハハ「それにしても、君の感じる幸せって、ものすご~くピンポイントに、普通の青年の考えそうなことからずれてるよね…(^^;」

息子「う~ん…“次の日の朝が来ること”を疑いもせずに眠りにつけるっていうのは、実は凄いことなんだよな…って気付いたことがあるんだ…。高校の研究発表の議論の中でね…。」

ハハ「なんで、そんなこと考えたの?…(@_@;」

息子「議論の中で難民の話が出て、その夜に寝ながら思ったんだ。なんていうか…、一秒先の生を疑わずに生きられる今の自分の環境にすごく感謝したし、それがいかに素晴らしいかってことに気がついたわけ…。だから、“毎朝屋根のある部屋で起きられることが幸せ”って言ったの…。僕は食べることと寝ることが好きだからね♪ 
で、そこから先の幸せは全部、そういう幸せの上に成り立ってるんだよ…。」

そうだったのかぁ…。

“ふと気付いちゃった事”って、君の人生に、これから先もちょくちょく顔を出すかもしれないけれど、かなり確かなものであると、私は思ってるんだ…。その感覚、ずっと大事にして欲しいな…。

私も、君の気付きに気付かせてもらいましたよ。ありがとう。
いつもちゃかしてばかりのハハで申~し訳ありませんが、
また“幸せ指南”…よろしくお願い致しますm(__)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。