そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

シンギング・リン

ひとつの生活パターンに、大変な思いをしてピリオドを打ちました。

その結果、大統領専用車並に分厚い鉄板が肩に3枚ほど載っている?
これは自分の肩ではないんじゃない?と感じられる程肩こりが酷い状態になってしまいましたが、
三井ひとみさんプロデュースのセミナー(シンギング・リンという法具?を使ったセミナー)
に参加するためギャラリー真名井まで出かけたら、“普通の肩こりレベル”になって帰ってきました!

例によって自分の直感だけで参加を決めていたので、詳細はよくわからずに行ったのですが、
チベタンボウルの波動が治療に使われていることを体験と知識で知った日本人女性が、
超高性能版チベタンボウルの作成に日本で奔走して成功したものがシンギング・リン
その波動には心や身体に働きかける効果があるとのこと。

今回は草場さんの抽象(陶彩)画とシンギング・リンの波動のmixtureで
相乗効果が得られたらしく、鈍感な私でも効果が顕著でした。

そういう“上手く説明できないけど良さそうなもの(?)”を直感が発見すると
自分の身体で人体実験したくなってしまう私です。
今回はお試し版のようなセミナーだったので、今度ちゃんと試してみようと思いながら
帰って参りました。往路は自分でも嫌だなぁと思うくらい顔色も冴えず気分は×だったのですが、
復路はオットに「顔色が全然違う」と言われるほど元気になっていて、
何故か歩幅まで大きくなって、夫を振り切って歩いてしまったツマでした(^_^;
え~、その歩幅で歩けるほどになった自分が何だか嬉しくて…(汗)

この説明じゃ何が何やらわかりませんよね…。でも、相当良さそうなものを発見したと
ご理解下さい!詳細はまたいずれご報告いたしますね。

三井さん、宗高さん、ギャラリー真名井の皆さん、どうもありがとうございました!

スポンサーサイト
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

万華鏡タイル

万華鏡好きの私にはたまらないサイトを発見!

        万華鏡タイル

自分で好きに万華鏡を作ることが出来て(もちろんサイト上で)
それを丸くしたり角張らせたり、透かしてみたり動かしてみたり…
色や素材を変える度に、瞬時に表情を作り変えることができるのです!!

私は、“空の上に浮かぶ透けて見えるサッカーボール”
のような万華鏡を作ってみました!
と、言いたいところですが、あちこちいじっていたら
たまたまそうなっちゃった…ということでして、
2度同じ形は作れないかもしれません。(保存機能はありそうですが)

自分の手で万華鏡の形を変える度に、
おぉ~(・O・)とか、ぎゃ~(@_@)とか、ひょぇ~(>o<)とか、
自分の口から出る感嘆詞に笑ってしまいました(^_^;
これはたまりませんね!

でも、欠点がひと~つ!
パソコンを前に、確実に時がどんどん過ぎていくのでした…。

あ、このサイトは自分で発見したように書き出してしまいましたが
実は(もちろん?)教えていただいたもの。
きっと色々な遊び方があるんですよね?
タイマー付きで(?)またトライしてみます(^-^)

先生、ありがとうございました!

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

第1位!?

オフィスそら…とGoogleすると、以前なら、
何枚ページを繰っても“私の”オフィスそらは現れず、
飽きてGoogleするのを止めてしまったことがあります。

でも、創って半年ほど経った今、ふと思い立ってググってみたら、
ほよ…、TOPだ…(・o・)

半信半疑の私、次の日も試してみたら2番目で、その次の日は一番で…(^_^;
それでも、約872,000件もある、オフィスそら関係サイトの中で
一番最初のページに来てるだけでもスゴイことです。
これって偶然?…PCに疎い私にはからくりはよくわかりませんが、
ブログに遊びに来てくださる皆様のお陰では!?
と勝手に思っています。ありがとうございますm(__)m

もしかしたら全然違う理由があるのかもしれませんが、
読んでくださっているであろう方々のお顔を思い浮かべながら
感謝できる場があるっていうのも、私にとっては幸せなことです。
だからやっぱり、ありがとうございます!

「“オフィスそら”と検索して!」と言えるようになったのも素直に嬉しい…。

因みに、今日のGoogle “オフィスそら”関連サイトの第1位はMy Office Sola♪
第2位は…風俗でした…(^_^;

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

プチダノン♪

私は生物学的には♀ですが、自分のことを「私って男らしい…」と思うことが多々…(-_-;
ということはつまり、今生きてる世界における自分がひどく中途半端な存在だなぁ
と思うことも多い訳で、結構自己嫌悪に陥ったりします。

でも、女性で良かったと思うときって、やっぱりあって、
それは、“自分の直感を信じられる”と思うとき。

それってもしかしたら、(私にもあった?)女性としての潜在能力が
子供を産み育てる過程で少しずつ開花したのかもしれません…(^-^;

何故って、例えば、「牛乳を飲んではいけない!」という説と、
「牛乳を飲まないといけない!」という説があった場合、どちらを信じますか?

偏差値の高い大学の先生が唱えてる説?
有名な新聞やよく見るTVが言ってる説?
じっくり十年、どちらの学説が正しいか追跡調査する?

どれもこれも、ナンセンス!
特に、“今”子供を育てている親にとって、正しい結果を待つ時間的ゆとりはありませんし、
誰かのいいなりになった結果、負の結末を負わされることだって無いとは言えません。
だから、そういうときは、自分の直感に頼るのが最も良い方法である!
と私は信じています。

自分の直感が選択した結果が、我が子の身体や頭をつくっていく…。
それは結構スリリングな真剣勝負なわけです。

もちろん、その勘を働かせるために、日頃から本を読んだり情報を得たり、
それを自らのものとして考えたり感じたり…という
知識と経験の積み重ねとそのバランスが大事なのは言うまでもありません。

知識も情報も子供への愛も経験も…
自分の持てる全てをBLACK BOXに一旦放り込んでシェイクして、
そこから直感で答えを引き出す…!?

母親って、そういう魔法使いみたいな事を、こともなげに出来る人種(?)
なんじゃないでしょうか…。

結局は、頭だけでも勘だけでもダメってことなんですが、
最近はどちらか片方を盲信?猛進?する親が多いような気がします。

♪あったま ばっかりでも、かっらだ ばっかりでも ダ・メ・よ・ね!…プチダノン♪
というコマーシャルが昔々にありました(古すぎる?)

我が家の息子は、「君、今の言動、頭使ってないぞ!」という場合と、
「頭でっかちすぎるぞ、その発言…」っていう正反対のシチュエーションに対し、
「おいおい、ぷちだのん…」と、親から呟かれてしまうのでした!

うちの「ぷちだのん」は、なかなかバランス良く育っていると自負しております、ハイ。
ただし、武士の情け…、その“レベル”は不問に付して頂ければ幸です…(^_^;

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

つなげる

実家に、大きく引き延ばされた40ン年前のモノクロ写真があります。
そこには、グラスを持って大口開けて笑っている若き日の着物姿の母と、
見知らぬおじさまがのツーショットが…。

娘「この人、誰?」
母「確か、どこかの大使」
娘「えっ!?大使?…って、そういう人相手に、どうしてこんな大口開けて笑ってるの?」
母「だって~、この人が大使だって、知らなかったのよ~(ケラケラ)」
娘「これ、パーティでしょ?そういう場所に行く時って主催者とか事前チェックしないワケ?」
母「そ~ね~、しなかったのね~」
娘「…… (・_・;; ……」

一事が万事、母はすこぶる付きの“天然”です。
生まれたまんまに育てられて本当によかったね…(^_^;
と、複雑な思いを込めて遠い目をしてしまう娘でした。

でも母は、大使だろうが八百屋さんだろうが古新聞屋さんだろうが、
どこの誰にでも同じ態度&敬語で接していました。

相手によって態度を変えない母の天然コミュニケーションを
「偉いな」と感じた子供の頃のことは、今でも記憶に焼き付いています。

さて、何十年後かに息子が思い出してくれる私の記憶って、
どんなものになるのでしょうか…?

誰かの記憶の中に生きる自分を想うことって、
もしかしたらすごく幸せなことなのかもしれませんね。
幸せの恩返しに、私は息子の思い出を“良くつくる努力”をいたしましょう。

あれ?やっぱり、つながってる!?(^-^)

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

ハープ・セラピー

今日はギャラリー真名井でハープのコンサートを聴いてきました。

小倉知香子さんの46弦ハープの奏でるまぁるい余韻は、
草場さんの抽象画から発せられる光と優しさの余韻と似ていました。
だから共鳴するのでしょうね…。

未発表の草場さんの絵本の飛び入り朗読(?)もあり、素敵な集いでした。
ありがとうございました。

私はハープの音色で感覚が戻ってくるかな…?
早期治療!?になるかも…とちょっとビクビクしながら聞いていたのですが、
少しは人間らしい感覚が戻ってきたかなぁ~という感じになりました。

でも、左目の上がずっと痙攣?(顔面神経痛?)し続けて止まりませ~ん(涙)
本が読めなくなったら一大事!と、帰路読書は控えましたが、
好転反応だと思いたいです(^_^;

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

Help!

このところおかしなことに振り回されて相当参っているそらまめです…。

先週金曜日、目の前が白濁して一瞬見えなくなり動けなくなり、
怒るべきことが起こっているのに全く感情が動かず、
ありゃ、結構きてる…?と、普段自分のことに全く疎い私が
自分で気がついちゃうくらいの状況になってしまいました…(-_-;

私の中の私ではない何か(誰か?)が、
“Emergency level 4”くらいを発動して、感覚に通ずる道筋を
あちこちシャットダウンしているような気がします。

このままいくと、きっとどんどん無表情になっていくなぁ…、それは困るから
この週末は休むことにせねばと、ふと手に取った本が松岡正剛「千夜千冊」。
厚さが10cm以上もあるような本なのに、ぐいぐい読まされて読み切ってしまいました…。

同時に、イアン・スチュアートの「若き数学者への手紙」と
ソギャル・リンポチェ「チベットの生と死の書」を“読走”態勢!?

こういうハチャメチャな読書が今の私には丁度いいような感じがするのですが、
これってただ心に蓋をしているだけかな…?

松岡正剛は、何故今までこの人の本を手にしたことがなかったのか!?
と悔しく思うほど凄いです。

彼の本については、書きたいことが山のように渦巻いています、
が、もっと頭と心がぴたっと一緒にあるときに、ブログに書こうと思っています。

今日はそろそろ人の波も引いた頃だろうと思って富岡八幡宮にお参りに出かけたら
まだまだ全然人だらけ!お参りするための長蛇の列を見て、
おみくじだけ引いて帰ってきてしまいました…(^_^;

八百万の神様、また出直しますm(__)m

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

“日本人が大移動する時期は動かない!”と決めている我が家では、
元旦は実家へ挨拶回り(回ってないけど…)のみ敢行して参りました。

あれもこれもとご馳走やらお菓子やら、
子供じゃぁあるまいし…と思うくらいの食べ物を供されて、
“フォアグラを取るために餌付けされてるガチョウ”な気分でした…(^_^;
でも、親にとって私はいつまで経っても子供…、これもひとつの愛に違いない…と、
出された食べ物を全て食べることで愛情のお返し…をして参りました…。

愛情って、時に苦しいものですね…ゲップ…(^_^;

今年も淡々と思うままにブログを綴って行こうと思っております。
ブログに書きたい内容は頭の中にたぁ~くさん渦巻いているのですが、
なかなかPCの前に座ってきちんと文章化する心のゆとりが生まれず、
細々と…な回数しか書けておりません。でも、
ブログを楽しみにしている、とか、いつもクスッと笑いながら読んでるとか
皆様から感想を伺う度に嬉しくなり木に登ってしまうお調子者です。
頭の中を整理しながら又こつこつ書きためていければと思っております。
時々遊びに来ていただけましたら嬉しい限りです…。

このブログを読んでくださる皆様に、たくさんのはぴぃ!がやって来ることを祈りつつ、
今年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。