そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

スターネットのやぎ之介

やぎはメェ~と鳴くと言われてますが、ぜぇ~ったい、“メ”に濁音が付いてる!と思いませんか?私の耳(あまり良くないけど)には、殆ど“ベェ~”に聞こえます。

益子にあるスターネットに住んでる“やぎ之介”(本名不明、勝手にそう呼んでる)に声をかけられた私達。狭い柵の内側が彼(彼女?)の世界で、お腹がすくと通る人に声をかけているんでしょう。そこら辺に生えてる雑草を取ってやるとパクパク美味しそうに食べてくれるので、つい、あっちこっちから雑草を取ってエサやりしてしまいました。(お菓子を与えた訳じゃないし、まぁ、ベジタリアンだからメタボの心配無いし、いいよね…ダメ?(^_^;)

最初は柵の間から無理矢理口だけ出して葉っぱを食べていたやぎ之介、「こいつらはどっかからエサを捜して来る!」と味を占めたのか、柵のトップにジャンプして前足を掛け、「ヘイ、カモ~ン!」みたいな感じで身を乗り出してエサを待つようになってしまいました(^_^; 食に対する並々ならぬ意欲を感じてちょいひるんじゃいました~!

スターネットの食は本になっているくらいで、あまり凝った味付けなどしない、そのままそのままを愛でるような頂き方。さすが、スターネット!やぎ君まで美味しいもの好きのベジタリアンなのね!?

雑草を捜すときに、「この雑草はどうかなぁ?」とオットに質問したら、「あ~、それは美味しくないから止めた方がいいよ。これなんかいいんじゃない?」とかなんとか教えてくれる…。ん?なんであなた、やぎの気持ち(味覚?)わかるの???それって、単なる物知りじゃなくて、もしかして…前世はやぎだったりして!?

スポンサーサイト
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

シーサイドマラソン

車でちょっと遠出をしようと、車道に出たら超渋滞!
いつもはそんなことないのに事故?何かあった?と訝しんでいたら、オットが「あ!今日、シーサイドマラソンだった!」と。あれれ…と思いつつ、じゃぁ違う道から抜けていこうと、別ルートに向かったのに、あっちもこっちも通行止め(@_@;

目の前を延々とマラソンランナーが走り抜ける一方通行路でとうとう袋のネズミに…(-_-; マラソン観戦の趣味は無いので本でも読むかぁ…と読書を開始したのだけれど、どうみても素人ランナーの集団で、中には既に歩いている人も…(^_^; ということはつまり、この先しばらくランナーの波が途切れる保証は無い…ってこと!?しばらく今いる場所から脱出できないっていう状況は、結構な閉塞感なのね…。長崎の出島みたい?

ついにオットがしびれを切らして完全逆走!!
随分出遅れちゃったけど、東京脱出に成功しました(^-^;

これからの季節、マラソン情報には気をつけないとね!

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

みずあめやさんの万華鏡

清澄庭園Art散策の途中で偶然見つけたギャラリー「楽庵」で、「みずあめ屋」さんの万華鏡に出会いました。

万華鏡大好きな私、万華鏡があるところにはあちこち足を伸ばしますが、こんなお近くで出会えたのは初めて。しかも、万華鏡の外側に惹かれたのも初めて!

高級な万華鏡になると、これでもかっ!って感じにデコラティブになっていく海外の作家モノ。
万華鏡は中身が勝負でしょ!って思う私の宝物万華鏡は、外見は銀色で一切装飾無し!
潔いでしょ(^-^)v

でも、みずあめ屋さんの万華鏡は、日本的なニュアンスのある愁いを含んだ作風で、いつかまたお目にかかるわね・・・と確信しちゃいました。万華鏡部分と外側の両方が"It's mine!"って思える作品に出会ったら、きっと心がVサイン出しちゃうな(^-^)

美人姉妹のおひとりが万華鏡をつくり、もうおひとりがそれを入れるお仕覆を丁寧に仕立ててるんですよ。日本的な美しさを持った作品を入れる物もつくってあげちゃうところに、日本的なやさしさがありました。

どちらがお姉さんでどちらが妹さんか聞くの忘れましたが、おふたりとも、真摯に美しく時を重ねていらっしゃるな…と感じました。See you again!

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

清澄ギャラリー

清澄庭園近くの倉庫ビルにある「清澄ギャラリー」に行ってきました。

時代と現代Artは、同じ匂いがするな…。

好きか嫌いか…っていうただ一点に向かって切り込んでいく勇気とエネルギー。
時代より早すぎてもダメ、遅すぎてもダメ。
時代からそっぽを向かれても受け入れられ過ぎてもダメ…。
時代からほんの少しずれて存在し、その距離感がMassの先頭をチリッと動かし、流れるきっかけをつくれた人とモノが、流行をつくる…。

そんな気がしました。

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

黄金の部屋?

我が家の窓の外には大きな大きな銀杏の木が一本。でも、いつも「そこにある」ものって普段は意識に登らないことも多く、ふと気付くと色が変わっていたりする…。

昨日「あ、黄色になってる…」と見つめていたところなのに、今日はもう“ぐわっ!”と山吹色になってお日様を浴びてる!スゴイ…。自信に溢れてて「僕は、イチョウ…」っていう気持ちがじわじわキラキラ静かに滲み出てる…。今日はお日様が嬉しいね。あ、お日様がいてくれたから輝いたのか…(^-^)

山吹色xお日様=黄金色!
光と色のお裾分け、いただきますm(__)m

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

J子&ほぼ日手帳

手帳の選び方使い方はその人の人生を決める?な~んて偉そうなブログを書いたら、最近ほぼ日ユーザーになった古い古い友人・J子からメールが来ました(^-^)
「来年はりかさんみたいにほぼ日手帳がいっぱいになるような毎日を目指したい」って…!

え~、でも私、ほぼ日手帳を埋め尽くすような毎日を送っているわけではないのですよ…(^_^;
展覧会のチケットが貼ってある日、下手なデザイン画が書いてある日、“ひとりブレーンストーミング”の日、ほぼ日記状態の日と色々あれど、真っ白な日もたくさんあるんです(^-^)

私も最初の頃は「終わった日が白紙」なのを見るのちょっと嫌だったんですが、たくさんの白紙ページを見送った今になってみると、白紙が続いているこの頃は、「あ~息子が帰省してたんだ…」とか、「私具合が悪かったのよね…」とか、白紙から見えることもあるな~って気づきました(^-^)

毎日「ほぼ日」が書かれる日を送ろうとするとどこかで息切れして、それこそほぼ日が重く感じられちゃうかもしれないから、真っ白ページが続いても別にいいや~…と適当な気持ちで使う方が、“J子らしいほぼ日”がゆるゆると続いていくんじゃないかな…(^-^)

“J子の、J子による、J子のためのほぼ日手帳…”、応援していま~す(^-^)

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

(-)x(-)=+

私もオットも至って庶民派なのに(?)なぜか息子だけは、家では“王子”と呼ばれる非庶民派…。

偉そうっていうか、動じないっていうか、悠然としてるっていうか…。態度がね…(^_^;
ちょっと不思議系も入ってる”王子”です。

ハハ「うちって、親は二人とも“極フツー”なのに、どうして君だけ”王子”なんだろ…?」
息子「おかあさん…、マイナス×マイナスはプラスになるんだよ…」

そっか…、なんか妙に納得…!?
ん?納得してていいのか!?私…。

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

ほぼ日手帳徒然…

私からスタートした我が家の「ほぼ日手帳ライフ」
5年ほど前に当時中学生だった息子が参加し、2010年からはオットも仲間入りすることになりました!これで年末のスケジュール帳探し時間が無くなるから、物理的にも精神的にも楽になるわよ~(^-^) 春の手帳替えに合わせて革カバーを作成すべく、今デザインを考えてるところです♪

でもね、手帳に関してちょっと気になる発言が息子からありました。

中学からずっと、授業もテストも何もない学校にいる彼は、基本的にスケジュールは自分でつくって自分で管理しないと何も始まらず終わらないスクールライフを送ってます。そこではほぼ日手帳がぴったりな役割を果たしていたんですね、多分。少しずつ「彼のほぼ日手帳」が出来上がっていったんじゃないかと思うのです(^-^)

でも、最終学年になった今年、「自分が学びたい学問を学ぶためには所謂一般受験に合格する必要がある…」と、(親としてはやらせたくなかった)“いわゆるふつーの受験勉強”をしているのです。つまり、ひたすら試験問題を解く…という、あれです(-_-;

といっても、この夏から開始したので、今のところ4ヶ月なんですが、その4ヶ月間のほぼ日手帳は“ほぼ真っ白”だというのです!彼によると、とにかくひたすら問題を解く日々にはスケジュール管理もPlan-To-Doも不要だそうで、書くことが無いとか…。ほぉ…、確かに、ほぼ日手帳は何かを思ったり気付いたり考えたり感動したり…そういう心and/or頭が働くときに充分機能を発揮する手帳なのかもね…と改めて思わされました。

毎日同じ時刻に出社してルーティーンワークして帰って寝る…だけの生活だったら、“ただ重いだけの手帳”になっちゃうのかもね、と。

さて、「ほぼ日・必須」な日々から「ほぼ日・不要」の現在を経て、彼はこの先どんな“手帳ライフ”を選択していくことになるのやら…。手帳選びって「どう生きるかを選択する」に似て、実はすごく奥が深かったりして…!?

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

セラピストの資質

久し振りにたかちゃんとランチミーティング♪
たかちゃんと話してるとなんか前向き元気になっていくからスゴイ。

セラピストっていうお仕事はとてもSensitiveな部分を抱えているだろうなと思う素人の私。誰かの人生に大きな影響を及ぼしうるから。

例えば、何でも私に相談しなさい!的な“人生相談おばさん”(?)をセラピストに選んでしまったら、話をして聞いてもらって慰めてもらって方向性を示してもらって…?一時的に落ち着いたとしても、それは本物の解決ではないから、何度も人生相談に通うことになる。それってちょっと違うよね…。

「クライアントさんに依存させない」と言い切ったセラピストとしてのたかちゃんをじわ~っと感じてた私。うん、やっぱりスゴイな、プロだなって思った。たくさんの経験を重ねてきて、それが今たかちゃんの言葉になってるんだろうな…。自分で考えて自立できるように、考え方の根っこの部分に働きかけてくれるたかちゃんの言葉は効くなぁ~って思う。ま、受け手側の資質も問われてるていう部分もあるでしょうけどね(^_^; 私も、たかちゃんの言葉を反芻して何度も自分を見つめないと気付けないことだらけだからなぁ~;; 

たかちゃんから感じたものが何なのか?上手く言葉にできずもどかしいのですが、なんていうか、“セラピストの資質”みたいなものを深く感じさせられたある日の午後でした…(^-^)

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

親→子→親…

未だに、母からつべこべ言われると「あ~鬱陶しい…」と思ってしまう未熟な私…。
つい自分の息子に愚痴ってしまった…。

ハハ「親って何でこう鬱陶しいんでしょうね…?ねぇ、君のハハもやっぱり鬱陶しい?」
息子「うちの親は“親”を超越してるからねぇ…」
ハハ「…?…。超越してどこ行っちゃったわけ!?上?下?…異次元!?」
息子「………(まただ…。自分で話、飛ばしてる…(-_-;)」(←という顔してた(^_^;)
ハハ「(気を取り直して)…ねぇ、君にとって親とは何ぞや!?」
息子「純粋な保護者」
ハハ「純粋の定義は?(不純な保護者って何だ…?)」
息子「子供は自分の所有物だと勘違いしてる親が多いけど、うちの場合、こっちへ行けとかそれはするなとか言わなかったよね。僕のすることや行く先は規制しないで、あくまでも距離を置いて周りで見守ってる感じ…。自分の子だけど自分の子じゃないみたいな…?」

そっか…。わかってもらえてたんだ…。
そしてそれをマイナスには捉えてなかったんだ…。よかった。

私は放って置くと“HugHugチューチューな人”だから(なんじゃ、それ…?)、結構意識して距離を置こうとしないと、ベタベタな親になっちゃうと自覚してたからね~。で、ね、生まれてすぐに、「あ~、この子は神様からの預かりものだ」って確信してしまったのよ…。だから、ちゃんと育てて世の中のお役に立つ何ものかにしてお返ししなくちゃならない!って真面目に思ったのよね…。だから、ホント、自分の子であって自分の子じゃないって感覚で育てたのよね…。

でも「ちゃんと育てなきゃ」って部分が前に出てしまうときもあって、自分の経験からしか物事を見られなかったりして、悪かったな…って思うことだらけなんだけど、きっといつの世も子供の方が親よりオトナなんだろうな…。こんなハハを認めて許してくれる息子を持った私は結構相当幸せ者だな…と思ってます。ありがとう♪

ということは、私も母親からの小言や愚痴を受け止めてあげなくちゃ、ですね…(^_^;
こうして子供な私も少しずつオトナになっていくんだな…。
やっぱり、この循環に感謝!デス(^-^)

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

シンクロ

これお薦め!って言われた本のお話。

小林正観「100%幸せな1%の人々」

人は皆幸せになるために生まれてきたのだと思うのだけれど、
不幸だと思ってる人の顔が多いな、今は。
誰かや何かに幸せにしてもらうのではなく、
自分を幸せにしちゃうヒントがちりばめられている本、かな。

この本お薦めって言われて帰宅した次の日、オットがまさにその本を手渡してくれました!!!
ど~したの!?って聞いたら、本屋で偶然手に取ったとか…。
もう自分は読んだからと、ツマに回してくれたのでした。

う~ん、すごいな、この偶然は偶然とは言わないんだろうな…。
感謝しながら読むことにいたします!
みなさま、ありがとうm(__)m

Category :
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

新米の季節

我が家は酵素玄米という、ちょっと変わった炊き方をするご飯(殆どお赤飯みたいになる玄米)を食していたのですが、最近、種籾から完全無農薬米に出会ったり美味しいお米を頂いたりしたお陰で、普通に炊いたお米の食べ比べをしています。

久し振りに食べたせいか白米が新鮮で、「やっぱり銀しゃりは美味しいね…」とか「五分づき米がいける」とか、「いや、ネギ味噌には玄米が一番合うよ」なんて言いながら食べ比べしてたらどんどん食が進み…太ってしまいました(-_-; 

でも、お米は美味しい!日本人でよかったぁ~♪って思います。

お味もさることながら、子供達には無農薬のものを食べさせたいと常々思っていて、でも都会でそんな贅沢品入手は無理かな…なんて半分諦めていただけに、種籾から完全無農薬米って聞いて嬉しくなってしまいました。5kg3800円とスーパー価格よりはちょいとお高いですが、そのお米、業者が入って別の名前ではるかに高額でも売られているとか…。私は作っている方から直接買えるからまぁ良心的な価格かなと納得させて…。それに、次の世代に繋がっていく子供にはやっぱりいいものを食べて欲しいなと思うので、年間契約してみようかなと思ってます。

もし欲しい方がいらしたら取り次ぎますのでご連絡下さいね!完全無農薬米は耕作面積が小さい上に、年間契約している固定客さんが多いため、無くなるのが早いそうです。

あ、美味しいお米は炊き方でも随分味が変わりますね…。私はル・クルーゼという重い蓋の鍋で炊いているので、水加減火加減で味が随分違いました。色々失敗を重ねて「これ!」っていう味になったときは、素直に嬉しい!今は、土鍋が欲しいなぁ…と思っているところです(^-^)
お薦め鍋があったら是非教えて下さいませ(^o^)

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

南瓜今昔

私が子供の頃、母が南瓜(カボチャ)を切る姿は、とても大変に見えました。
南瓜の皮が滅法堅くて、それこそホントに"歯が立たない"っていう感じ。
だから自分で料理をし始めた頃は南瓜を買うのがちょっと怖かったのですが、
最近はそういえば割合サクッと切れるってことに気付きました。

あれ?品種改良とかで南瓜の皮が柔らかくなったの?
それとも、私が強力になったとか…!?

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

簡単おからドーナツのレシピ

おからドーナツのレシピ希望コメントを頂きましたので、↓に載せますね。

ホットケーキミックス 200g
バター(無塩)      30g
グラニュー糖     大さじ1
おから          50g
卵            1個
豆乳          大さじ1

1)ボウルに室温に戻したバターとグラニュー糖を入れ、泡立て器で良くすり混ぜる。
2)おからも加え、更にすり混ぜる。
3)溶き卵、豆乳を加え、滑らかになるまでよく混ぜる。
4)ホットケーキミックスを加えて更に混ぜ、ひとまとめにする。
5)ラップの上に載せもう一枚のラップではさみ、厚さ2cmほどに綿棒で伸ばし、冷蔵庫で30分ほど寝かせる。
7)生地を広げ、打ち粉(小麦粉orホットケーキミックス)を付けたカップ等で型を抜き、中央はペットボトルの蓋などで抜く。(円周が違う2種類の道具があれば、何でもOK)
5)160度の油でじっくりと揚げる。

何故突然おからドーナッツだったのか!?と言うと…、実は、八王子 一丁庵のおからドーナツのしっとりとした口当たりと程良い甘さに「!」と来て、自分でも作ってみることにしたのです(^_^;。でも、自分の能力の限界を知っているため、超簡単レシピしか選ばない私…、お味の程はあなたのハートにかかってるかも!?
Have a nice sweets time!

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

おからの思い出

「生臭さがなくなるまでよ~く混ぜてね」
それが子供の頃の“おから(卯の花)作業班”としての私の役目。

生臭いって…魚ならわかるけど、おからの香りは豆乳の“いい香り”だと思う私にとって、「生臭さ」が取れたのか取れてないのかよくわからなくて、更には、お鍋の底におからが焦げ付かないようにず~っと同じ動作を続けていなくちゃならなくて…。

「このくらいで、いい?(早く食べたい!)」←「まだよ~」
「もう、いい?(腕がだるくなってる…)」←「まだまだ!」
「…どお?(もう、飽きてる…)」←「う~ん、もう少し…」
って感じで、延々と鍋の中のおからをかき混ぜていた気がします…。(子供心にはね、そんな感じでした…。)だから、“おから作りは結構大変”というイメージが未だにインプットされてるかもしれません(^_^; でも、出来上がった卯の花は美味しくて大好きだから、まぁ、地道な作業もガンバろう!って感じかな…。

“おからのドーナッツ”っていうのを作りたくて、久し振りにおからを入手したのですが、お豆腐屋のおじさんがお手盛りでたくさん袋に詰めてくれたので、昔を思い出しながら、ついでに卯の花も作っちゃいました(^-^)今日はおから三昧です♪ 

出来たての卯の花をつまみ食いしてみたら、あ~、おいし…(^-^)v

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

文房具のSCOS

白山から本郷へ通じる菊坂という、何もない、けれど、昭和の面影を少し引きずってる感じの坂を下って、あと少しで本郷へたどり着きそうになった頃…SCOSという文房具屋さんを発見!

小さな小さなお店なのだけれど、お昼に通っていたら見過ごしてしまいそうなくらい控えめなお店なのだけれど、夕暮れ時の空の色の中ではちょっぴり光を放っていて…、あ、ここはもしかしたら、行ってみたいと思っていたお店かも…?と、重めの引き戸を開けました。

海外で買い付けてきたらしい見慣れぬ顔の文房具達は、見ているだけでちょっと楽しい♪から、このお店の“ひとりあたりお客滞在時間”は、他の文具店と比較したらダントツ群を抜いているだろうな…って思いながら、文具大好きな私は超じっくりお買い物タイム…(^_^; 

因みに、本日のお買い上げは…、自分用にハーフサイズの棒消しゴム、姪っ子用に塗り絵、消しゴム&えんぴつ削りセット、それから、クリスマスカード(^-^)v

お店の場所は、本郷通りにあるスタバの反対側の道、入ってすぐです♪

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

獅子座流星群

以前、オリオン座流星群の話の中で、「次に流星群が見られるのは70年後」なんて書いてしまいましたが、それは“オリオン座流星群”に限った話だったようですね…(^_^; ガセネタで申し訳ありませんm(__)m

11月14日頃から11月24日頃まで、今度は獅子座流星群が見られるそうです!特にたくさん見られるのは、11月17・18日頃とか。どうぞ、暖かくして暗闇にお出かけのご準備を☆

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

優雅なDNA

「僕、寮では毎朝コーヒー飲んでるから…」と寮生活6年目の息子が呟く。
「え!?コーヒーなんて好きだったっけ?」
「毎日飲みたいって程好きじゃないけど、“コーヒーを淹れる”という行為そのものが好きだから、
ドリップして飲んでる…」
「いや…、高校生なのに、しかもそう好きでもないのに、珈琲なんて飲まなくていいのよ~(*_*」

私だったらちょっとでも寝ていたいから朝の時間は削りに削っちゃうだろうなぁ…。
そういえば、“慌てて走る息子”の姿って見たことがない…。
粗忽者のハハとしては、優雅にコーヒーを淹れる朝時間を持つ息子を見習うべきでしょうね…(-_-;

あ、今思い出した…。
オットも昔、誰より早く出社して、カリカリ豆を挽いてコーヒを淹れる人だったと…。

恐るべし、珈琲豆で繋がる遺伝子!?

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

道路工事の意義

最近東京を車で走り抜けるとあっちでもこっちでも道路工事をしています。
あれ?年度末じゃないのにほじくり返してる…?政権交代で慌てて消費してるとか…?

な~んて穿った見方をこれまでず~っとしていたのですが、タイの道路事情を目の当たりにすると、そうも言えないかな…と考えが変わったりして…。

タイの車道はきれいなのですが、街中の歩道はぐちゃぐちゃです。どうしてここまでになっちゃうかなぁ…?って不思議なくらい、歩道のコンクリートがほじくられて大穴になってたり、フラットなはずのタイルが飛び出して山になってたり…。歩道橋なんて、接合部分がずれてたりするだけじゃなくて、穴が開いてて下の道路が見えたりするんですから…ひょぇ~(@_@;です…。

そんな道を歩き続けていたら足が疲れて×!
周りを歩く人の足元観察したら、はぁ…やっぱり皆さんセッタ履きでした…(-_-;
ということで、足をくじく前に私も即!セッタを買って履き替えました(^_^; 

より、地に足を付けて(?)歩くことが求められる国…ってことでしょうか?
フィジカルにも…ね(笑)

そんな道路事情を経験したら、常にフラットを保つ日本の道路事情はスバラシイ!?
山のような道路工事も歓迎すべき?…と、ほんのちょっとだけ思いを新たにした一市民でした~!

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

チキンゲーム!?

チェンマイのナイトバザール界隈には信号が殆ど無くて、でも道の両側にお店が連なっていたりするので、反対側のお店に行きたいときはとりあえず車道に出る→渡りたいんだぞ!っていう意思表示をする→(待ってても止まってくれる紳士的ドライバーには出会わなかったので)とにかく歩を進める→「止・ま・れ!」と念を込めて手を挙げる(?)→轢かれる前に悠然と渡り切る…。これが私のチェンマイの道路横断事情でした(^_^;

でも、車には一瞥もくれず、ただ渡りたい時に渡りたい所で淡々と車道を横切る地元のおばさんの前には、車の方が急ブレーキかけてました…。このチキンゲーム、おばさんの圧勝!

世の中やっぱり、強いもん勝ち!?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。