そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

主婦な日

火曜日は生協の日。

たくさん届いた野菜や果物を水で洗って浸けて…保存したり、下ごしらえしたり、そのままおかずを数品作っちゃったり…。だから火曜日はなんだかすごく主婦な気分(^_^;

お料理は得意じゃないけど、もやしの髭根は取るとか、こんにゃくは下茹でしてアクを抜くとか、そういう基本のキは一応手をかけるから、火曜日はいつもあっという間に時間が過ぎる…。でもそのひと手間が、あの“もやし”を中国の王宮料理に格上げしちゃうらしいから、我が家の王と王子にも、心意気だけは伝わるかな…!?
スポンサーサイト
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

鹿港の肉包(ルーガンの肉まん)

美味しいものに目がない親戚の家に遊びに行ったら、鹿港の肉包(ルーガンの肉まん)をご馳走に…(^。^)v

これは世田谷区世田谷にあるお店でひとつひとつ手作りをしているため、開店と同時に並ばないとすぐに売り切れる幻の逸品らしい!“ご近所さんのための肉まん”という、まさに「正しい肉まんのあり方!?」ですね…(^_^; それを遠方の私も頂けるなんてラッキー♪列んで頂きありがとうございましたm(__)m

淡いけれど薄すぎない味付けの具が、優しい食感の皮に包まれた肉汁の中にどっしり浮かんでいる感じで美味♪幾つも食べたい(食べられる)という気分になる肉まんって、そういえばあまり無いかも…と思いながら、パクパク頂きました!いつか直接お店に行って、出来たての熱々をパクついてみたいな…。

お土産に持たせて頂いた肉まんを食べさせたくて、家族の帰りを待ちわびてる主婦でした(^-^)

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

京橋・京すし・ランチ

京橋にある「京すし」さんのランチ、初トライです。

ランチの丼は、お魚を2種類選べる!つまり、ハーフ&ハーフ(^-^)v 同じ味でずーっと食べ倒す丼って飽きちゃうことが多いけれど、2種類楽しめるから楽しみもダブル♪

鉄火+いなだ、あじ+さんま、なんて感じに選べるのですが、行った日は既に鉄火+いなだだけと言われて、全員同じ味。ホントはみんなで違う味を選んで全種類制覇を目論んでいたのですが、残念(^_^;

淡い上品な味付けのガリが混ざったご飯の上に、2種類のお魚がたくさん載ってましたが、淡々とつくられたお味は飽きずに頂ける品の良さがあって美味でした(^。^)

お店はテーブル席2つとカウンター数席という小さい造りながら、全体的に低くしつらえられているのでゆったり感じられるし、つくる皆さんの手元が見えるようになっています。お店の空気の重心が低い位置でシン…としているというか、武道の「構え」の状態が静かに続いているというか…そんな感じの店内。板さんの手からしゅるしゅると生み出される透けるような大根のかつらむきを見ているのも楽しかったです。

笑顔の優しいご主人作の絵がそこここに飾ってあってお店に馴染んでました。ご主人は北斎が好きで、こんな絵が描きたいと始められたとか…。独学。私も北斎好きですが、自分で描こうなんて思ったことないので、そこら辺にはっきりと手を使う人とそうでない人の岐路がありますね(^_^;

京すしご主人の絵_169 京すし絵2_169

左がご主人に頂いた葉書。右はその一部拡大。拡大すると表情とか動きがホント北斎漫画のようでスゴイなぁ…。

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

すぱげってぃ・あ・ら・じーにあす♪

おやつにかじっていたチーズをじ~っと見つめていたら、突然「あ…“+おかか…”」と閃いて、今日のランチは、すぱげってぃ・あ・ら・じーにあす!?

オリーブオイルで軽くソテーしたにんにくと、山羊にしては癖がないんだけど農家の干し草みたいな香りが立っててちょっと癖のあるチーズを混ぜたところにスパゲッティを投げ入れて、たっぷりの胡椒と茹で汁を加えてお皿に盛る…最後に鰹節と醤油をサラッとかけていただきました♪ 美味でした~(^o^)

突発的に浮かんだメニューを自称天才料理人が作ったので、“スパゲッティ・あ・ら・じーにあす”…(^_^;
折角実験的美味スパランチだというのにオットは突然外食になってしまい、この味は今日の私の為だけに現れ消えていきました…(^-^)

皆様の週末ランチは如何に…?
ボナペティ♪

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

まずいほめ方!?

親野智可等さんという元小学校の先生が発行してるメルマガに、「まずいほめ方」っていうのが載ってました。

「○○ちゃんは、わがままを言わなくて素直でいい子だね」と言われて育った女の子は、親が望んだ習い事も、宿題も家のお手伝いもなんでも頑張ってきたのに、小5で突然何もかも嫌になり、登校拒否、引き籠もり、親に対しても完全拒否状態になってしまったとか…。う~ん、心が痛い…(-_-;

小学校に入学した息子に勉強をがんばらせたくて「子どものころからテストは100点ばかりだったパパの子だから、あなたもいつもテストが100点なんだね。さすがだね」とほめられていた男の子は、やたら100点にこだわるようになってしまい、2年生のあるとき90点のテストを100点に改ざんしてしまったとか…。

子供をコントロールするためにほめるのは、百害あって一利なし!

…と聞けばもっともだと思うものの、私はやってなかっただろうか…?とちょっと心配になり、恐る恐る息子に確認…(^^;

母「ねぇねぇ、君、どんな時に誉められたか覚えてる~?」
子「う~ん…………………………覚えがない…。」
母「(が~ん!)(@_@;…誉めてなかった…?」

確かに、自分もあまり誉められて育ってない私(の家系)、誉めるの非常に下手であるのは自覚してます。でも、でも、誉めてなかった~!?

母「え~、でも、I'm proud of you.とか、You are my treasure.とか、結構言ってなかったっけ…?」
子「それは年中言われてたから、誉められたっていう感覚じゃないなぁ…」
…と、ず~っと考えてはいるものの、完璧に出てこない様子…(涙)。

それから数時間後…、
子「あ~、僕が何かを満足のいく位存分に頑張ったときは、ほめられた気がする。書き初めとか、ね…」
母「…ホッ…(あった…)」

息子に習字を教えていた手前、初書き初め(小3)の時は色々口出しをしました。「この字は太くていいねぇ!このハネも力強くてGood!…ここの止めさえしっかり決まってれば、この1枚が最高なんだけど、惜しいな~!」とか何とか言って結構書かせちゃったかな…。

その後は母に何か言われるのが嫌と見えて、毎年ひとり和室に籠もって書き初めをしていた息子。口出しさせない代わりに、自分で納得するものを仕上げるまで、半紙を買い足しても頑張ってたな…。それって、親がうるさいが故!?ってことはやっぱり、まずかったのかな…(-_-;

それにしても、誉めたこと、私も思い出さなかったわけで、誉められたことも忘れてる子も子だけど親も親だな…(^_^; あ、ほめ方が足りなかったのか…!?

でも、とりあえず「ほめられた思い出」が1件は見つかってよかった…。
上手いとかまずいとか言う前に、私の場合、まず誉めなきゃ、ね…(^。^;

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

久し振りの結婚式

この連休中に親戚の結婚式があって軽井沢に行ってきました。

今は便利なサイトがあって、軽井沢の様子が東京にいながらにして見られるのですね!便利…。いつ見ても雪な軽井沢駅前だったので覚悟を決めて出かけましたが、当日はいいお天気で東京よりも暖かく感じたくらい…ホッ…(^-^)
お式も、二人で一生懸命考えたであろう選択の数々を、心から楽しませていただきました。ありがとう、そして、末永くお幸せに♪

久々の結婚式で聞いた「病めるときも健やかなときも…」っていう、あの牧師様の言葉はちょっと耳が痛かったっていうか(^_^;、新鮮でした。私は常にオットを労り助け愛しているだろうか???と自問自答しながらうつむき加減に座ってました(^_^; 時々結婚式に出るっていうのも「初心忘るべからず」でいいですね。

私達は神前結婚だったので、オットが祝詞(のりと)を読んでおしまい!私は何も発言しなかったし、返事もしなかった様な気がする…のですが…、無自覚のうちに忘れてる…!?

あの難しい祝詞って普通は読めないと思うんですよね…。私は読めないなぁ…。
多分読めないだろうと思われてて、「まずは自力で読んでみなさい」みたいな感じに高飛車に手渡された文章を、オットはスラスラと(1カ所間違えただけで)読み切ってしまったので、神主さんがちょっと拍子抜けして狼狽えてたのを思い出しちゃいました。

なんで、オット殿はあんな難しい日本語読めたのかなぁ…?
…実は2回目だったりして!?(^。^;

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

JS→JC→JK…

JSって何のことだかご存じですか?
“女子小学生”の略称だそうです…。

JCは女子中学生、JKは女子高校生…。

日本人は《空気》に冠を付けるのが上手いですよね…。
「何となくおしゃれ好きな子供達」の集団をJSとネーミングすることによって、その周りにいる子供達の目や意識をそこに向けさせ、“自分もJCに…”という憧れを生み出す効果を狙っている…。その裏に商魂がくっきりと見えるというのに、またこの言葉も一人歩きしていくのかな…。

例えば、「婚活」という言葉が生まれた途端、未婚の男女は誰でも「婚活」した方がいいような、しなくちゃならないような、しないと取り残されてるような…そんな気分に追い込まれていくような…(笑)

“空気”は確かに読めた方がいいのかもしれないけれど、それに振り回されるようなものじゃないってことに、まずは大人が気付いていたいものだと思ってます。

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

英・国と睡魔の因果関係

「英語と国語をやると眠くなるんだよね…」と言って受験生の息子が昼寝をしている(-_-;

「理数はなんで眠くならないの?」
「最後まで頭使うから…」
「英・国は頭使わないのかいっ!?」
「文章の一部だけ切り貼りしたりしてるから、面白くないんだよね…」
とかなんとか、ムニャムニャ呟きながら寝てしまった…。

おい!英・国も頭使ってくれ…(涙)と思いながら、机の上に出ているセンター国語の過去問を読んでみた。小説は一気読みしてしまったけれど、その後に続く問題は確かに読む気にならない。似たような答えが並んでいて、その中から「当たり!」か「はずれ!」を一つ選ぶ作業というのは、試験といえど虚しくなるのもわかるな…。これは寝たくもなるよね…。いいよ、寝ても…(-_-;

私は“寝た子は(自分の意志で起きるまで)起こさない”主義なので(?)、さぁ、もっと寝なさい!とばかりに、たくさんタオルケットを掛けて暖かくしてそのまま寝かせているのだけれど、相当面白くなかったのか、相当眠かったのか、その両方か…、「15分だけ寝る」とタイマーかけたくせに、ベルを切って切って…寝続けてる…。いいのか~?受験生!?

あ、もう昼だ…。ご飯は大事!そろそろ起こそう(^o^)
…と、自分の都合(腹具合)には有無を言わさず我が子を合わせさせるハハなのでした(^_^;

でも、ホントにいいのかなぁ…?
世の中的には受験直前の張り詰めた空気が漂っている(に違いない)のに、こんなんで…???

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

観音菩薩展inギャラリ-真名井

1月6日より、ギャラリー真名井で観音菩薩展始まりました。

2/28までの会期中は入場無料(要予約)です。
こちらは普段有料(\2500)なので、会期中がお得です。

清々しい空間の中、ただ観音様の前でぼーっとするっていうの、いいですよ(^-^)
もし行ってみたい!という方がいらしたらご一報下さい。
ご一緒しましょ♪

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

ホワイト・タイガー!?

白地に黒い縞の入った新しいシャツを着ていたら、息子に誉められた♪

息子「あ、それいいじゃない!似合うよ」
ハハ「ほんと!?(^o^)v」
息子「ホワイト・タイガーみたいで…」
ハハ「……(トラ…かい?)……(-_-;」

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

IQ Tester

「はい、今年のゲーム初め!」と、息子から手渡されたのは“IQ Tester”という米製おもちゃ!

IQ Tester

至ってシンプルなこのゲーム、子供の頃やったピコットゲームに似ています。隣のピンをジャンプして越えたらそのピンをどんどん台から外して行って、最後に残ったピンが1本であれば、あなたは“GENIUS(天才!)”、2本なら“GOOD"、3本なら“AVERAGE”、4本だと“NEED HELP”、5本になると“MORON(おばかちゃん)”と書かれてます…(^_^;

何も考えずに始めると、まずは残り1本になる私ですが、“おぉ~!私ってもしかして、ジーニアス~!?”な~んて欲を出してちょっと思考すると何故か成績が落ちてくる…という傾向が…(-_-; (なぜ、頭を使うとおバカちゃんになっていくのか…未だ本人はわかっておりませんが…)。

まぁ、今年もそんな感じかな~と鼻歌交じりでトライしたところ、残り4本!!!
あれ?おかしい…と再挑戦しても、3本…。
そんなはずはない!と何度やってみても、AVERAGEを越えない…。
“閃き”が消え、思考力も低下したってことでしょうか…(-_-;
もしかして、世間ではこれを老化と言う…?

そんなはずはありませんっ!と10回程トライしてやっと“GENIUS”…。

やった~!と思う頭の片隅で、「そうやって意固地になって昔を取り戻そうとすることが、老化なの…」という声が響いて来て…、はい、ごもっとも…(-_-;

今までしばらくやってなかったのが敗因に違いない…、時々こっそり練習しよっと(^。^;
そう言いながら、理詰めで検証したりはせず、あくまでも適当にピンを動かし続ける私。
どちらにしても、ちっとも懲りてないし進歩もない、私のゲーム初めでした(^o^;

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

神様へのお願いの作法

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

今年の年始も、ブロイラー並によく食べ体重を3kg程増やして実家より帰宅いたしました(>。<;
(え~、体重計無いので正確には測れないのですが、多分ね…、その位食べ(させられ)たような気がします…。)

よくぞこれだけ作りました!っていう位、おせち以外にあれもこれも料理が出てきて…(@_@;
年末に「風邪ひいた…」っていう電話が母からあったので、今年はそれ程品数ないだろうとフンでいたのですが、甘かった…。風邪も、孫に会いたい一心で即完治!!
品数=愛なんですね…。母に感謝です!

お天気もこれ以上ない程の晴天でしたね~。“晴天の定義”って「自分から見える範囲に雲が無いこと」なんですって!知らなかったな。ということは、都会のビル群に住む人の方が晴天率が高い…!?変な定義…。気象好きな息子とそんな話をしながら親子三代お参りに行って…平和な元日でした(^o^)v

あ、そうそう、神様にお参りするときは“お願い形式”はダメなんだそうです!「○×が叶いました。ありがとうございました。」と過去完了形で表現した方が思いが叶うらしいです!!(神様に“ウラ”を取った訳ではないので真偽の程は確認できておりませんが…)何かとお願いの多いこの季節、是非お試しくださいませ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。