そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

お金教育!?

お金に関する教育って、家でも学校でも受けた記憶がありません…。

「お金に関して、私が教えてあげよう!」と胸を張って言える人って少ないでしょうけれど、我が家は特に偏っていたかも…(^^;

母方は、最後の最後まで武士をやっていた人達故、お金に対する向き合い方が、今の時代から見ると特に変!です。例えば、私の母が子供の頃、何かを「買ってくる」と言うと、「はしたない!」と怒られたとか…(^^; では何というのが正解かというと、「戴いてくる、と仰い!」だそうで…。
いや、“いただいて来ちゃ”いかんでしょう…今の時代…(@_@; 

つまり、お金に対してアンタッチャブルな感覚が、未だに尾を引いているような気がしなくもない、ひ孫の私…(-_-; そういう思いでお金に接していたら、お金に引かれちゃうってこと、あるかも…ですよね(涙)

でも、三つ子の魂百までとは良く言ったもので、自分の中にあって自分を規制するモラルとか、妙な常識って、自分からは見え難いんですよね…。

Be-塾セミナー「【豊かさの鍵】を手に入れる」を機に、私の中のお金に対する思い込みをバーンとはずし、も少し仲良しになりたいな…と思ってます。更には、自分がされなかった「お金教育」って、悲しいことに我が子にうまく伝えることが出来ないので、早めに教えて頂いちゃうのが息子の豊かさ→幸せへの近道!と、すっかりたかちゃんを頼りにしている私でした…(^_^;

どうやって儲けるか…っていう技も大事だけれど、豊かさとうまく付き合う人間力を身につけた上に、そういう技を乗っけて初めてバランスが取れるような気がします。そして、その方がずっと幸せに近いように思うので…。
スポンサーサイト
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

【豊かさの鍵】を手に入れる

第2回 Be-塾セミナーのご案内をオフィスそらのHPにUPいたしました。

      【豊かさの鍵】を手に入れる

をテーマに、“自己実現への近道”や“お金との上手なつきあい方”等、ステキに豊かに生きるためのヒントを、古川貴子先生に伝授して頂きます。

自分の夢を実現するための習慣や思考と、お金に対する考え方って微妙にリンクしているようです…。その辺りの思考の癖を変えると、意外にあっさり自分の周りの現実が変わって行き、夢がかなったりお金が寄ってきたり(?)するのだとか…。

第1回Be-塾の概要編から一歩進めて、今回はワークを通して自分の癖に気付き、なりたい自分を現実化したり、弱った心を立て直したい時に、いつでも使えるセオリーを身につけるための『実践編』セミナーにする予定です。

知りたい!学びたい!!この技ゲットしたい!!!と思っていた内容満載の1日になる予感…(^。^;

今回は前売り価格を設けましたので、ご希望の方はお早め(5/9まで)にお申し込みの上、お得にご参加下さいませ♪

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

大容量!でもコンパクトなペンケース♪

「とにかくたくさん入って取り出しやすいペンケースが欲しい!」と息子から依頼がありました。あちこち調べて、ベストな形と自分の手業の限界を天秤に掛けて逡巡した挙げ句、こんなペンケース↓が出来上がりました!一見普通のペンケースと違わないように見えますが、
筆箱 

開けると↓ペン皿型になって取り出しやすく、20本のペンを入れてもビクともしない大容量なのに
筆箱Open

閉じるとこんなに↓コンパクト!
筆箱3

これはコクヨさんから出た新型ペンケースのアイディアを頂いたもの(^_^;
素材は牛革ヌメ。ミシンで布を縫うのが苦手な私にとって、革は端の始末不要でただ穴空けて手で縫えばいい素材なのでありがたく、でもたまにしか作らないから縫い目はサッと見て見ぬ振りをしていただけるとありがたく…(^。^;

息子が学校でこれを使っていたら「オレにも作ってもらってくれよ」って何人かに言われたそうで、わ~い!嬉しい♪
でも「国産・ハンドメイドだから高いわよ!」って言っといて…(笑)

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

ホームベーカリー登場!

ホームベーカリー

今頃、ではありますが、やっと…我が家にホームベーカリーがやって来ました!

前から狙っていた家電ではありましたが、場所取るしな~とか、使わなくなったら邪魔だしな~とか、色々思案したまま時が過ぎておりました。

今回やっとゲットしたのには二つ理由があって、ひとつは息子が帰ってきて毎朝きちんと食事を採る、しかも彼は朝パン派!ってこと。もう一つは、目覚まし時計代わりにこの家電を使えば、朝に弱い私でもパンの香りに誘われて早起きするに違いない!と目論んだってこと…(^^;

時計代わり案…は、×でした(^_^;
同じ部屋で作る訳ではないので香りは私の寝床まで届かず、出来上がりを知らずに寝続けておりました…(-_-;

でも、息子が楽しそうに毎晩色々な粉をセットしてくれるので、私は粉を調達するだけで毎朝美味しいパンにありつけるという“一粒で何倍も美味しいホームベーカリー”になりました(^o^)v 期せずしてですよ、期せずして…ね。

因みに我が家は象印、コネコネしている健気な様子が窓から見えて感動します!

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

受験結果ご報告

卒業式が終わって息子が寮から帰宅し、彼の誕生日を終えてやっと3月が一段落した気分です。

かつて書いたブログでお知らせした息子のかなり挑戦的な大学受験ですが、今年は結果が出せませんでした。応援頂いた皆様、ありがとうございましたm(__)m 親子共々、心から感謝申し上げます。

“一浪不許可宣言”を出していたのですが、彼のファースト且つラストスパートだったこの半年を目の当たりにして、その悔しさは充分理解できる!と前言撤回、一浪を許可してしまいました…(^^; いつも淡々としている息子なのですが、今回ばかりは「ものすごく悔しい」と口にしました…。

高3の夏に生物・化学を、冬に古文・漢文、社会をスタートさせるという、目が点になってしまうような無謀な受験でしたが、塾の先生に「驚異的だ…」「ひょっとするとひょっとするかもしれない…」と言われる程の急成長でした。普通ならあり得ない状況からのスタートなのに、あまりに淡々と勉強する生徒の姿は、そう思わせる不思議さに満ちていたのかもしれません…。

中学以降は授業もテストも受けたことは無く、英数は独学、理社国に関しては多分教科書なんて読んでいないだろう彼にとって、初受験勉強はワクワクする経験だったろうということと、“入る余地のたくさん余っている未使用脳”だったということでしょうか…(^.^; 分かり易く言ってしまうと、偏差値0の生徒が70の大学を目指していたということで…親の目には、まるで垂直の壁を走って登っているかのように見えました。身体はボロボロだったのに、精神性だけが彼を引っ張っていたのが手に取るようにわかり、もういいよ、もう充分頑張ったよ…って言いたくなる程でした。

もちろん、同じ状況でも合格できる頭のいい生徒さんっていうのはいらっしゃるんだろうと思いますが、息子の場合はそにあらず。ただ志と心が彼を支え引っ張ったということに尽きます。なのでこれは私へのメッセージでは?と思ったりして…。心が決まればここまで出来るんだっていうひとつの例を見せられ、「だからあなたにもできるでしょう」と言われたような気がしています。
誰に…って?…神様が息子を使って私に見せてくださった…そんな気持ちです。

さて次の一年を、彼は自分の心とどうつきあい、どう動かしていくんだろう…。
私は彼の親でもあるのですが、時にはただひとりの人として彼の言動を見つめて行きたいと思っています。そしてまた、何かを学ばせてもらうことになるのだろうと期待しています。

それでも「今年は塾に通わないで自分で勉強してください」と宣言しちゃう非情な親なので、息子はあと1年(もう9ヶ月…)孤独な戦いを強いられることになるかと…。試練は多い方が成長するのです!よ…多分、ね…(^^;

さぁ、この1年また成長しましょうね!お互いに…(^-^)v

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

ソワソワ予報士?

“息子の帰宅によって親二人がかなりソワソワしている”と書いたブログを読んだ息子本人とハハの、その後の会話…。

私「ごめんね、なるべく早めにソワソワしなくなるよう鋭意努力しますので、もちょっと待っててね…」
息子「いいよ…気にしなくて。僕の予想では、このソワソワはしばらくの間続くと思うから…」

と、諦めとも、そこを越えた達観とも取れるコメントが来ました。
いや、ホント、オトナになれない親でゴメンm(__)m

6年間の親子の成長曲線にはかなりの差があって、急成長した息子に対して、親はかなり鈍い成長しかしてないってことに、こういうところでも気付かされてしまうのでした…(^.^)

それにしても、「しばらく続くって、どの位続けてもいいのかなぁ、ソワソワ期…(うふっ♪)」なんて、逆行するような思考を開始し始めた私の脳…。私じゃなくて、私の脳が勝手に思考しているのでありますよ…。ホント、私じゃなくて…ね(^。^;

Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

なんだかソワソワ…

むか~しむかし、私の姪っ子が幼稚園の頃のお話…。

彼女のかーさんにご用があって、我が家でお預かりしていたある日、その日は大学堂という“移動アイスクリーム屋さん”が来る日でした。いつもは厳しいかーさんの元、そんな所での買い食いは止められている姪っ子ちゃん。オバ(私)は姪に甘いので、「今日は、かーさんいないから、大学堂しようねっ♪トラックが来たら兄ちゃん(私の息子)と一緒に好きなアイス買ってらっしゃい(^-^)」とお約束して遊んでました。

変な音楽を鳴らしながら大学堂のトラックがやって来た…と思ったら、姪っ子ちゃんは突然バネ仕掛けのロボットのように音楽に反応して、脱兎のごとく玄関に走り、靴を履いてる顔がマジで引きつってました(^_^;

何故なら、そのトラックは「3分少々」しか停まらないと、いつもアナウンスしているから!
早く行かないと、折角の好機を逃すことになる!!と慌てた姪っ子ちゃんは、(多分)自己ベストタイムで(!?)大学堂トラックに向かって走ったのでした…。

安堵の表情でアイスを持って帰宅した姪っ子ちゃん、きっとその日は一日ドキドキしながら過ごしたんだろうなって思います。だって、かーさんには止められてる買い食いだし、かーさんに内緒だし、3分間だけだしetc.…(^-^;
彼女は5年ほど前のあの日を覚えているでしょうか…?

何でそんなことを思い出したかというと、最近の私も何だかあの日の姪っ子ちゃんと似ているような気がして…(^。^;

何故なら、息子が帰ってきたから。一時帰宅ではなくて、もう帰寮しない…という状況になったの、6年ぶりなんです…。で、なんかソワソワして落ち着かないんですよね。息子にしてみたらかなり鬱陶しいだろうなと思いながらも、落ち着きのない親二人、揃ってなんだかソワソワしてます…。我が家も、春?です…(^-^)
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

キルフェボンで卒業式♪

たかちゃんとBe-塾セミナーのランチ・ミーティング中に突然、「今日は、りかちゃんの子育て卒業式をキルフェボンでやりましょう!」とご提案頂きました!

6年間を寮で過ごした息子の高校卒業は、彼にとっても私達家族にとっても色々な意味でBig Eventでした。常に母親目線&他人目線で息子の卒業を眺めていた私にとって、「頑張った母にももちろん卒業式を!」という逆目線のご提案は何だかとっても新鮮で、たかちゃんの暖かい気持ちに感激…。キルフェボンのケーキは目にも口にも心にも…美味しかったです♪ありがとうございましたm(__)m

たかちゃんのセッションをきっかけに、自分自身をかなり高度にコントロール出来るようになった息子を見ていると、彼のこの6年って、母の影響なんかより、たかちゃんの影響の方が断然大きかっただろうなぁ~としみじみ…(^。^; 

私達親子を見守って頂いたたかちゃんには、まず私達がHappyになって、Happy Waveを送れるようになって、どんどん周りにもHappyの輪を広げることがご恩返しになるかな…と思ってます。たくさんの人を幸せにすることが、たかちゃんの今生の役割って言ってたから…。

え~、卒業後の私達親子も、まだまだ引き続き…よろしくお願いいたします(^o^;

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

Be-塾セミナーのご案内

大変長らくお待たせいたしました!第2回Be-塾セミナーのご案内です(^-^)v

Be-塾って何?って声が聞こえて来そうなくらい、昨年をほぼ冬眠状態で過ごしてしまった私… 
楽しみに待ってて下さった皆様、お待たせしました…m(__)m

第2回は、5月16日(日)の午後2時から神楽坂で、講師はたかちゃんagain(^o^)v
人生の豊かさを身につけるためのスキルを伝授して頂く予定です♪

“豊かさ”を身につけている人って本物の幸せに近い所にいるような気がしませんか?
心のあり様を、“豊かさ”っていう照準に合わせられるようになると、実は、お金そのものも後から付いてくるらしい!…その辺りの仕組みも、是非知りたいところですよね!?

いつものように、濃~い内容を分かり易く解説して頂くだけじゃなく、今回は、自分とお金の間柄(?)に気付いたり、心の有り様を自分で変えられるスペシャルな技まで教えて頂く予定です。(←このスキル、ゲットできたらこれからの人生、鬼に金棒!ですよね~(^。^;)

おひとりおひとりがそれぞれ気付きを得られるように、実践編も色々で…今回も“欲張りなBe-塾:たかちゃん講座”になる予定です!

スケジュール帳に、“5/16(日)Be-塾”って書いて予定キープしておいてくださいね♪
詳細は追ってお知らせいたしますので楽しみにお待ち下さい(^o^)v

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

卒業式後の投げkiss

卒業式の集合写真を撮り終えた高3の息子に、遠くから投げkissしてみました(^o^;
隣で私の行動を目撃しちゃったお友達のママは、「えぇっ!?なに、なに?…今、何したの!?」とすっかり狼狽えていらっしゃる…(^_^;
「え?…投げkiss…」とニッコリ答える私…(^。^; 

まぁ、普通の母親は、高3の息子に公共の場で“投げkiss”、しませんよねぇ…。でも、
「うちの母は変わってますから…」と息子に言われちゃう母ですし、高校最後だし、色々併せて“ま、いっか…!?”と、投げてしまいました(^o^)v

母の奇行を目視確認した息子は、嫌がるでもなく、怒るでもなく、遠くから私に向かって【武士のような一礼】をいたしました…(-_-; 

「お気持ちだけありがたく頂戴いたしますが、どうか母上様、公共の場でそのような行動はお慎み下さいますよう」

と言われているような感じの一礼でした(^_^;
やられた…。

はい、“今日の所は”慎みます(^。^;

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

CORNELIUS

ラジオから流れてきた“Drop”という曲に反応して、珍しく曲のタイトルを書き留め、銀座・山野へ向かいました。普段クラシックCDしか買わない私にしては非常に希なこと。でも、山野では扱ってない!

そんな曲もあるのね…と思いつつ、自宅で検索かけてみたら、映像と曲のコラボが更に素晴らしい!ということがわかり、最近、コーネリアスをYouTubeで聴き(見)まくりです♪

Tone Twilight Zoneは、やたらと色っぽいのですよ…指が…。なんでこんなに艶っぽいの?とドッキリして、こっそり自分でも試してみたところ、(私は全然色っぽくないんだけど)私の指はなかなかいい線いってる!?なんて思ったりして…(^。^;

Smokeは、言葉と映像と音楽と…っていうコラボがなんか好きだし、Fit Songはちょっとしたショートフィルムみたいだし…。

音楽はずっと身近だったけれど、TV嫌いだから映像にこんなに触発されることは無かったな…。PCの進歩と共に映像の持つ力が洗練されつつ強力になっているのを感じます。きっとPCというツールを得た若者(に限らないけど…)は、自分の感性を試せる無限の可能性との出会いにワクワクしているんだろうな…(^-^)あ、そんなのはもう随分昔からですか?私が気付くのが遅すぎるだけ…?(^^;

ご一緒に“ワクワク”…如何ですか?♪

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

徳永二男リサイタル

徳永二男さんのヴァイオリンリサイタルにおよばれしてきました。
Tちゃんからお誘いを受けて、「N響コンマスの徳永さん!?」と二つ返事でご一緒させていただくことに…(^^;
途中、ストラディ バリウスとグァルネリの聞き比べなんていう、普段滅多に聞くことの出来ない大サービスありのリサイタル!徳永さんのトークも会場をなごやかにして、なかなかステキな夕べでした。

「いつも使っているストラディバリウスと今回お借りしたグァルネリでは、楽器のボディの長さが0.3cm違うので、同じようには弾けません」と仰る徳永さん。う~ん、0.3cmの差を感じる程に、身体が楽器に添っているのね…と感服。

ストラディバリウスは絹のような高音とベルベットのような低音を持つのに対して、グァルネリは鋼のように力強い音なのだとか。「ストラディバリウスを弾きこなすヴァイオリニストはグァルネリを弾けないし、その逆もあり」と聞いていたのですが、徳永さんはどちらも弾きこなしていたような…(^^;

マイナーな選曲の第1部と、よく知った小曲がちりばめられた第2部のアレンジ、楽しませていただきました。最後のツィゴイネルワイゼンなど、まるでジプシーの咽び泣きそのもののような演奏で、このSoulは演歌と同じかもって思いました…。さすがです。

弦好きな私にはたまらない至福の時…、Tちゃん、ありがとうございましたm(__)m

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

手嶋龍一のインテリジェンス

「スギハラ・ダラー」という新著に惹かれて、ではまず旧著から…と、元NHKワシントン特派員だった手嶋龍一氏の本を読み漁っています。大変オモシロイ!

各国首脳や政府高官の取った行動の歴史的意義やエピソードをちりばめた「葡萄酒か、さもなくば銃弾を」、はっきり“あの人でしょ?!”とわかる官僚や北朝鮮問題に触れつつ、フィクションとノンフィクションの間をするりとかわして読ませる小説「ウルトラ・ダラー」や、湾岸戦争時の日本政府の無能さを詳らかにした「外交敗戦」等々…、どれもこれも、近くにいた人でなければ知り得ない情報の宝庫でありながら、彼らから距離を保った冷静な目でバランスよくそれぞれを描いてる…。

う~ん、日本のマスコミがこの知性のかけらでも持ってくれていたら…と、思わず天を仰いでしまう…。手嶋さんだって元マスコミの人なのだから、どこかには存在しているのだと思いたいですが。

インテリジェンスという仕事、最近よく耳にするようになってきましたが、そういうものの見方、考え方、人との接し方は、やはり特殊な技能であるように思います。

私が常々思う“頭がいい”ということの意味を、正にインテリジェンスというプロ集団が実行しているのだろうなと…。日本では、たくさんインプットした人が頭がいいと言われることが時にあるけれど、本当は、インプットした情報ををどう活かすか、つまりどうアウトプットするかに“頭がいい”ことの真の意味と価値があるのだと思うのです。

そういえば、元外交官の佐藤優さんの書く文章も、その分析能力の高さに唸らされたことがあります。彼らインテリジェンス(もしくはそれに近い役割の人々)の書く文章に共通しているのは、大いに自分自身の言葉でありながら、全く他人目線であるかのような突き放した精緻で冷静な文章。情報量の多さとそれが生き生きと色を持っていること。人をみる眼差しの根底に愛があること…。

息子によく話すのは、知識はたくさんあった方がもちろんいいけれど、あったからといってそれは「なんぼのもんじゃい」ということだよ、と。持っているものをどう生かすか、どう世の中のために使うかを熟慮し実行して初めて、その知識も能力もその人自身も、活かされたことになるのだと思うよと…。

息子にも読ませたいから、手嶋さんの本、大人買いしようかな…(^^;
Category :
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

銀座ミキモトのディスプレイ

和光ディスプレイ

銀座の老舗宝石店ミキモトのディスプレイがステキだったので、パシャ!
和紙に書かれたであろう書道の運筆をそのまま切り取って立体にし、吊して見せているんです。
つまり、プラスチック(?)の字の形をしたオブジェが空に浮いている…。

筆がゆっくり立ち止まった箇所は墨の盛り上がり感で、素早い運筆は流れる感じで…、
運筆の差が文字の厚みの差として際立つように作られている立体模型が
黒とピンクで書き分けられていて…。

この発想も書も技術も、ステキ♪
それにしても、どうやってつくったのでしょう…?

Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

年上の先輩も!

息子の卒業式の朝、数年前に卒業した先輩のママから、おめでとうメールが入りました。
学校に向かう車の中から慌ただしくお礼を返信して、嬉しいなぁ~♪なんて思っていたのですが、一日経ってゆっくり考えてみると、やっぱりものすごく確実にスゴイことだわ!と改めてじわじわ来てます…。

私は、息子が卒業した数年後に、後輩君達の卒業式の日を記憶しているだろうか?
その日の朝に、おめでとうと一言かける、ゆとりと思いやりと愛のある生活をしているだろうか?
そんなことを思うと、私の周りのママ達の存在が何と素晴らしくありがたいか…涙が出そうになってきました。

ただただ感謝しておりますm(__)m
そして、私もそういう人でありたいと、切に思います。

ありがとうありがとうありがとう…♪
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

年下の先輩!

長島さん卒業祝い花束

卒業式から帰ってきたら、花束が届きました。
??どなたから…?と思ったら、息子の学校のママ友からの卒業祝い!
嬉しい嬉しいサプライズでした(^o^) S君のママ、お心遣いありがとうございますm(__)m

息子が小学生の体験入寮の時にお世話になったS君は、息子より年下なのですが寮生としては先輩。ちょっと年上の新入りの為に、書類の書き方とかハンコの押し方とか…自分の遊べる時間を割いているのに嫌な顔ひとつせず丁寧に教えてくれていたS君の姿が蘇ります。

小学生なのに筆箱の中にちゃんと印鑑を常備し、書類を作成していたのが印象的でした。例えば外出許可とか交通費の請求とか、小学生でもちゃんと書類を作成して許可をもらわなければ次の一歩が踏み出せないというのは、ある意味すごい環境だな…、既に“社会”で生きているんだな、この子達は…と感じたのを思い出します。彼の暖かいフォローに息子も安心感を得たのでしょう。入寮に躊躇いが無かったのは、S君のお陰と感謝しています。

この学舎では、年齢や性別っていうことよりも、学べるものを持っている人から貪欲に学ぶという基軸(環境)があるから嬉しい…。だから、親同士も子供の学年に捕らわれず色々な繋がりがあって楽しい…。この繋がり、卒業してもずっと続くといいな、続けたいな…と思ってます。

“年下なのに先輩”なS君のママは、私にとってはもう全面的に先輩!
少し先に学校からいなくなりますが、今後とも&親子とも、どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

卒業式に…

ひとつの終わりはまた新たなひとつの始まり
君の人生に連綿と続くであろう幾多の終わりと始まりの一歩である今日を祝して
かねてよりご要望のあった品を贈ります

存分に学び語り遊び…
ご自分の信じる道を行ってください

真っ直ぐであろうと曲がりくねっていようと行きつ戻りつしようと
どの道を行っても失敗も間違いもないこと、君は既にご存じでしたね
願わくばその全てを存分に楽しまれますことを…

そして、既知の事々の中にも未知のことが隠れているかもしれないという
もう一つの目と柔らかな心を持ち続けてくださること祈念しつつ…

卒業おめでとう

最もつきあいの長いあなたの友より…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。