そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   14 comments   0 trackback

麺食いレポートin横浜中華街

東京のイーストエンドに住んでおりますので、西の横浜方面は感覚的にちと遠い。なので、用があって横浜に出かけるとなると、そりゃ~、元町中華街ははずせないでしょ!と、早速ネットでお店チェック♫

いつもはあれこれネットを調べて(やらせ評価に引っかからないように、ダブル、トリプルチェックをして)からお店を決めるんですが、今回は最初に出会った情報で即決! なぜって、あまりに美味しそうなパーコー麺の写真にやられたから(^^;

パーコー麺

この美味しそうなお店【雲龍】さんは、中華街のメインストリートからはちょっと外れたところにある。以前から、”一本裏”のお店ってポイント高いんじゃないかと思っていたので、私の仮説検証のいい機会(大げさ!)とばかりに、迷わず決定!

お店は、テーブル席2つとカウンター4,5人程度でいっぱいになっちゃう程の小さなお店で、店内にTVが置いてあったり、雑誌が積まれていたりと、オシャレ度0っていうかマイナスっていうか…、決しておしゃれして行く店ではないんですが、まぁ、今回の横浜ツアーは息子と一緒だったからそこら辺は無視!パーコー麺目指して突撃してみました(^^;

で、勘に従うといいことあるな~♫って思うほど、美味しいパーコー麺でしたよ!どこが?って…クドクないあっさり系のスープと程よい太さの麺に、揚げられたサクサクお肉が秀逸… 

パーコー麺のお肉って大抵、「どうだ!肉、たらふく食え!」って感じの、こってりたっぷりどっさり系だから普段は滅多に頼まないのですが、ここのお肉はサクサクパクパク頂けちゃうような軽さがあって、でもお味はしっかり染みてて美味!

何くわぬ顔してるけど、これってものすごい技ありのお肉じゃない!?と思って厨房を覗いてみると、お母さんと思しき女性が一人で作っている様子…。お料理上手過ぎてお店出しちゃったのかな?とか、いやいや、ご主人の後を継いで努力して学んだ結果かもしれない…とか、色々想像をめぐらして楽しんだりもしてきました息子が頼んだ牛バラ麺のお肉も、噛むとホロホロ崩れ溶けていく感があって、これまた秀逸でしたよ~

デートには向かないかもしれないけれど(私は、こういうお店に平気で連れていってくれちゃう人の方が面白くて好きですが…)お味重視でがっつり食べに行きたい時はかなりオススメな雲龍さん情報でした♫

スポンサーサイト
Posted by そらまめ   6 comments   0 trackback

草場一壽・陶彩画展

images.jpeg『天照』

陶彩画という新しいジャンルの芸術を確立した草場一壽さんの展覧会が、今、横浜のみなとみらいギャラリーBで開催中です。

有田焼の技法で、絵を描く…。

描いて焼いて描いて焼いて…を十数回繰り返して出来上がる花や如来や天女の絵は、色や形の美しさは言うまでもなく、高い精神性を凝縮しておりその場の空気を変える程の力を持っていると感じられる程素晴らしいものです。

今回は、辰年に龍の新作のお披露目でした。見る角度や光の強弱によって色が変化して、まるで竜が呼吸をしているかのように身体から光を発する…と言っても、よくわからないですよね?想像の粋を超えている…かもしれません。私の貧弱な表現力でお伝えするのは無理があります。

一緒に行った息子が、ギャラリーを出た途端、「あ…次元が違うね…。俗世に降りてきた気分だ…」と申しました。確かにそんな感じでした…

横浜の方は是非みなとみらいのクイーンズスクエアに走って下さい!23日(月)までです。

今後大阪、神戸、愛知に巡回予定。お近くの方は一件の価値ありです!是非…。

どこも遠いぞ!という方は、草場さんのWebギャラリーで…。

Posted by そらまめ   18 comments   0 trackback

民族衣装考!?

勤め先で賀詞交換会というのがありました。千人規模のパーティー(?)をホテルで…ということで、受付のお手伝い係を拝命。ドレスコードはスーツか着物ということだったので、まぁ、スーツで行こうと思っていたのですが、なんと!2着しか無いスーツのひとつは何だかぶかぶかで、もうひとつはピチピチで、喪服なら着られそうだったんだけど、そういえば、スーツに合うハイヒール、きつくなって全部処分しちゃった!ということを思い出して愕然…

慌ててサクっとスーツ買うほどリッチじゃないし、普段から「冠婚葬祭は着物」と決めてる人なので、スーツがダメなら着物にしよう!っと、わりと楽に考えて無地の地味~な着物で行ったのですが、刺すような女性からの視線も感じられたりして、ちょい居心地が悪かったです…。

う~ん、着物って、日本の民族衣装なんだけどなぁ~、なんで着物着ると変な目で(ジロジロと)見られることがあるんだろ?って、素朴な疑問を感じます。

サリーを着ているインドの女性を、着てないインドの女性が「何?あの人、サリーなんか着て…」っていう目で見ないですよね~堂々と民族衣装を着て国際舞台に登場するカルザイ大統領とかアフリカの代表とか、すごくカッコイイと思うし、存在感のない日本の首相だって、背広では太刀打ち出来なくても、紋付袴着たら”国(民族)”が後ろ盾になってちょっとは存在感出せるかもしれないんだから着ればいいのに…と思う私。

極普通に民族衣装を着ようよ!って昔から思っていたんですが、まぁ、着物は着るのが難しいし、価格が高いというハンディがあるからね、仕方ないのかな…。価格も、ピンからキリまで色々あるんだけどなぁ…。スーツ買うより安く買える着物もあるのよ~、それに、体型変わってもBODYを包んでくれるおおらかさとか優しさがあるし、もしかしたら娘や孫も着られるかもしれないし…総合的に安いと思うわよ~って、お伝えしたくなるのよね、時々

でも、とりあえずほとんどの日本人が着物を着ない現代においては、”誰も着物を着てないだろう場に一人で着物を着ていく”という行為は、かなり怖いもの知らずなようで…。まぁ、自分が着物着なくてもいいから、最低限、人が何を着ていようと”それはそれ”とスルーするくらいのおおらかな気持ち持とうよ…とブツブツ言いながら、私みたいなGoing my wayな人がとりあえず着ないとね…と、淋しく小石を蹴ってみたりするそらまめでした…。

私の”極普通”って、世間一般と激しくずれていたりするので、時々スポン…とブラックホールに入ってしまうような気分になっちゃうんですよね~。すみません、今日はちょいとボヤいてしまいました~

Posted by そらまめ   14 comments   0 trackback

謹賀新年

あけましておめでとうございます

昨年はたくさんの皆様に拙宅(ブログ)へお越し頂きありがとうございました。皆様のブログにお邪魔したりコメントしたり頂いたり…というやり取りは、私にとって新鮮な経験でした。今年もマイペースでぼちぼち行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_)m

年末からバタバタしたまま、さっくりあっさり、年が変わってしまった感のある2012年。実家詣でと入院中の父の見舞いとで元旦は終了。特筆すべきイベントのない新年の始まりでした…。

今年の初夢ですが、私、試験かオーディション、受けてました!
大きな階段教室みたいな会場で、誰かとペア受験してました。
ふむ…”新しい挑戦”ってことか!?…と、勝手に解釈する私…

え~と、近々その”新しい試み”を皆様にお披露目できるよう鋭意努力中ですので、楽しみにお待ち頂ければ幸いデス

皆様の初夢はいかがでしたか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。