そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

上野伊三郎+リチ コレクション展

目黒区美術館の上野伊三郎+リチコレクション展(~5/31)に行ってきました。

これまで耳にも目にもしたことのないお二人の名前ですが、
パンフレットに使われているデザイン画を目にして、これは行くべし!と思い立ち、
またまた“突発性美術館巡り”でした~(^_^;

ご主人の伊三郎さんは建築家、奥様のリチさんはオーストリア出身の工芸家ですが、
今回は100%リチさんのコレクション狙いです。

壁紙や布、焼き物や竹細工と、ターゲットの幅広さはウィリアム・モリス並!?
でもそのデザインは、まるで着物や風呂敷にしっくり来るような日本的な感じ。
1920年代から日本にお住まいと聞くと、な~るほど…なんですが、私には
この方の作風はそれ以前から日本的なものを含んでいたのでは…?と思われました。
だから伊三郎さんと出会ったんじゃないかな…って…(^-^)

リチさんの挿絵の絵本なんて作られてないのかしら?見たかったなぁ…。
リスベス・ツヴェルガーさんの繊細さに、五味太郎さんの素朴さがちょこっと混ざったような作風で
すごく好きな感じです。子供のままの何かをずっと持ち続けてこられた方なんだろうな…。

晩年の写真を拝見すると、日本のお婆ちゃまのようなお顔つき。
きっとご夫婦仲良く暮らされたんだろうな…と、(全く部外者の私ではありますが)
よかったよかった…と思っちゃいました。だって、戦時中の大変なときに
異国で暮らすことって辛かっただろうな、と思うので…。

作品を売店で売っていたら買っちゃうな~、どうしよう…とちょっとドキドキしながら
売店に向かったのですが、なんと、ポストカードさえ作っていないということでがっかり…。
滅多に買わないカタログも買っちゃおうかな…と思ってたのですが、これまた
色校正も内部デザインも今ひとつ…で、購入断念。 う~ん、残念。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/134-e73e1568
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。