そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

終わりと始まり

話題の映画「おくりびと」を見た5月初め辺りからでしょうか、
『40声のモテット』も、レベッカ・ブラウンも、最近読んだ本の数々も…、
私の元に洪水のようにやって来るキーワードは全て、「終わりと始まり」…。

どうしてこれほどまでに“終わりと始まり”を意識させたいの?
あ、全部自分で選んで近づいた物達なんだけど…(^_^;
本人は全然意識して選んでないし、なんで?ど~して?

もしかして、メメントモリ? 死を思え、ってことでしょうか…?

私は常々、象のように死ねたらいいなと思ってます。
象はとても頭のいい動物だそうです。もちろん、化学式も解けないしロボットも作れないけど
自分以外の人(動物)の気持ちとかをきちんと読むそうです。もしかしたら人間よりも高等!?
自分の死期が近づくとひっそり群れを離れて森の奥に入り、そこで静かに死んでいくのだそうです。

ヒトも、昔は自分の死期が解る人が多かったのではないかと思うのです。
だって辞世の句を残して“世を去る”ことができる人が今よりは断然多かったわけですから。

静かに「死に行く」ためには、美しく生きる必要があるんじゃないかな、っていうのが、
最近事ある毎に思うこと。生き様と死に様は、メビウスの輪のように、
終わりと始まりの切れ目がわからないくらい繋がっていて、
だから、日々繰り返す私の小さな決断が、私の死をじっくり選択し決定している…

なぁ~んて、大層なことを考えていたんですが、
結構身近な所で「終わりと始まり」の謎が解けました!

終わり方がすっきりしなくて何となくぐずぐずしていた事を笑顔で締めくくれた時、
「これでちゃんと終わりにできたね…」っていう声が聞こえてきて…
えっ?!どういうこと?私そんなこと考えてたの?…で、あなた誰?…と、
少々混乱しながら、でもわかったことがいくつかありました…。

きちんと終わりに出来てないことを気に病むちっちゃな自分に気付かずにいたってこと。
(はい、いつも私は遠くばかり見ていて、自分の足下が一番不案内です(^_^;)
で、“次”を気持ちよくスタートさせるためには、終わり方が大事なんだってこと、
頭じゃなくて、身をもって知ることができました。

そういうことだったんですね…。これで“キーワード”はもう寄ってこないだろうな…。
数々のメッセージ、ありがとうございました。 空に向かって、敬礼!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/141-2e009253
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。