そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   1 comments   0 trackback

珈琲豆七変化

コーヒーの生豆って、エイリアンの皮膚みたいな、グレーがかった死んでる黄緑色で、
その香りは何度嗅いでも“うへ…”って唸っちゃう程、例え様の無い変な臭い。
それを少しずつ煎っていくと、(私達日本人の思う)肌色に変わる時があって、
そうなると何故か、お茶屋さんの店先で焙じられてるほうじ茶と同じ香りに変わってくる。
その後、薄茶色から段々と黒光りする褐色になってきて、
その頃になると、コーヒーの芳しい“あの”香りになる。

だから褐色の肌色って“素晴らしいコーヒーと同じくらい美しい色”だと思う。

「芳しいコーヒー豆のように美しい肌色をしていらっしゃいますね」と私が誉めて、
「その豆で淹れたコーヒーにミルクをたっぷり足していくとあなたの肌色になりますね」
なんて言葉が緩やかに返ってくるようになったら…、世の中もっと平和になるのにね…。

今の子供達が使うクレヨンの中に「肌色」という色は無く、
「うすだいだい」とか「ペールオレンジ」と書かれているとか。知らなかった…。
韓国在住ガーナ人が、「特定の色を“肌色”と決める事は人種差別」と、
クレヨンメーカーなどを相手に国家人権委員会に訴えたのだそう…。

長いこと背負ってきた苦難の歴史がそうさせるのだと言われたら返す言葉が無いんですが、
自分の美しい肌色を誇り、敢えて違う方面から光を当てられる人が増えたら…
と思わずにいられません。

何かが変わる時って、変わり始める最初の一歩は常に「自分」からであって、
「よその誰か」を変えることではないように思うから…。

Comment

hikaku says... "相互リンクのご依頼"
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
zbWQVgfE
2009.06.11 15:20 | URL | #cJuqLt0I [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/146-b7da4bbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。