そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

道路工事の意義

最近東京を車で走り抜けるとあっちでもこっちでも道路工事をしています。
あれ?年度末じゃないのにほじくり返してる…?政権交代で慌てて消費してるとか…?

な~んて穿った見方をこれまでず~っとしていたのですが、タイの道路事情を目の当たりにすると、そうも言えないかな…と考えが変わったりして…。

タイの車道はきれいなのですが、街中の歩道はぐちゃぐちゃです。どうしてここまでになっちゃうかなぁ…?って不思議なくらい、歩道のコンクリートがほじくられて大穴になってたり、フラットなはずのタイルが飛び出して山になってたり…。歩道橋なんて、接合部分がずれてたりするだけじゃなくて、穴が開いてて下の道路が見えたりするんですから…ひょぇ~(@_@;です…。

そんな道を歩き続けていたら足が疲れて×!
周りを歩く人の足元観察したら、はぁ…やっぱり皆さんセッタ履きでした…(-_-;
ということで、足をくじく前に私も即!セッタを買って履き替えました(^_^; 

より、地に足を付けて(?)歩くことが求められる国…ってことでしょうか?
フィジカルにも…ね(笑)

そんな道路事情を経験したら、常にフラットを保つ日本の道路事情はスバラシイ!?
山のような道路工事も歓迎すべき?…と、ほんのちょっとだけ思いを新たにした一市民でした~!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/234-439d22fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。