そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

英・国と睡魔の因果関係

「英語と国語をやると眠くなるんだよね…」と言って受験生の息子が昼寝をしている(-_-;

「理数はなんで眠くならないの?」
「最後まで頭使うから…」
「英・国は頭使わないのかいっ!?」
「文章の一部だけ切り貼りしたりしてるから、面白くないんだよね…」
とかなんとか、ムニャムニャ呟きながら寝てしまった…。

おい!英・国も頭使ってくれ…(涙)と思いながら、机の上に出ているセンター国語の過去問を読んでみた。小説は一気読みしてしまったけれど、その後に続く問題は確かに読む気にならない。似たような答えが並んでいて、その中から「当たり!」か「はずれ!」を一つ選ぶ作業というのは、試験といえど虚しくなるのもわかるな…。これは寝たくもなるよね…。いいよ、寝ても…(-_-;

私は“寝た子は(自分の意志で起きるまで)起こさない”主義なので(?)、さぁ、もっと寝なさい!とばかりに、たくさんタオルケットを掛けて暖かくしてそのまま寝かせているのだけれど、相当面白くなかったのか、相当眠かったのか、その両方か…、「15分だけ寝る」とタイマーかけたくせに、ベルを切って切って…寝続けてる…。いいのか~?受験生!?

あ、もう昼だ…。ご飯は大事!そろそろ起こそう(^o^)
…と、自分の都合(腹具合)には有無を言わさず我が子を合わせさせるハハなのでした(^_^;

でも、ホントにいいのかなぁ…?
世の中的には受験直前の張り詰めた空気が漂っている(に違いない)のに、こんなんで…???

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/282-b3f624df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。