そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

徳永二男リサイタル

徳永二男さんのヴァイオリンリサイタルにおよばれしてきました。
Tちゃんからお誘いを受けて、「N響コンマスの徳永さん!?」と二つ返事でご一緒させていただくことに…(^^;
途中、ストラディ バリウスとグァルネリの聞き比べなんていう、普段滅多に聞くことの出来ない大サービスありのリサイタル!徳永さんのトークも会場をなごやかにして、なかなかステキな夕べでした。

「いつも使っているストラディバリウスと今回お借りしたグァルネリでは、楽器のボディの長さが0.3cm違うので、同じようには弾けません」と仰る徳永さん。う~ん、0.3cmの差を感じる程に、身体が楽器に添っているのね…と感服。

ストラディバリウスは絹のような高音とベルベットのような低音を持つのに対して、グァルネリは鋼のように力強い音なのだとか。「ストラディバリウスを弾きこなすヴァイオリニストはグァルネリを弾けないし、その逆もあり」と聞いていたのですが、徳永さんはどちらも弾きこなしていたような…(^^;

マイナーな選曲の第1部と、よく知った小曲がちりばめられた第2部のアレンジ、楽しませていただきました。最後のツィゴイネルワイゼンなど、まるでジプシーの咽び泣きそのもののような演奏で、このSoulは演歌と同じかもって思いました…。さすがです。

弦好きな私にはたまらない至福の時…、Tちゃん、ありがとうございましたm(__)m

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/317-326b8507
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。