そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

おしゃれ…したい!

息子におしゃれ講釈を語れる程ハハはおしゃれなのか!?と問われると辛いものがある私…。昔は“何でも着られる!”ような気がしていたのに、その傲慢がいけなかったのか、最近は何だか洋服が似合わない…と溜息をつくことが多々…。

その理由を考えてみたのですが、(経年変化を別にすると)着物に慣れるに従って洋服が似合わなくなってきたような気が…(^^;

この10数年、冠婚葬祭はもちろん、ちょっとおしゃれを楽しみたい時は着物!と決めているのですが、着物に慣れるのに反比例して洋服が似合わなくなってきたのです…。

肩と腰で着る洋服と違って、着物を上手く着るには“なで肩寸胴”が好ましい…。つまり、からだがまぁ~るくなって来るわけです(+経年変化分もあるし…ね…)。折角ま~るくなった体型ですが、普段の洋装には何となく中途半端なのですね…(-_-;

そういえば私の母も、私が子供の頃はミニスカートが似合っちゃう完璧洋装型の人だったのに、お茶を教えるために着物を着る回数が増えた結果、和装の人になってました。最初の頃は着物着るのが下手で、子供心に洋服着て欲しいなぁと思う位だったのですが、10年経ったらもう断然着物が似合うようになってました。
着物体型になるのに10年かかったんですね…。

息子に冒頭の溜息を呟いてみたら、「顔を変えるっていうのは、まぁ…ナンだけど、体型変更は努力目標になりうるね…」と静かに諭されました…(>。<;

(OдO`)…ナンだけど、ってナンなのよ!?…でも、ハイ、仰る通り…。
着物も洋服もイケル体型目指して努力を開始いたしましょう!
…って、具体的にどこを目指せばいいのか悩ましい…(v_v`)
え~、まずは着る回数の多い洋服を着こなすラインに戻すことにしましょうか…。
とりあえずシビアなご意見ありがとう…(^。^;

Comment

自称・殿 says... "お節介の続き"
おっしゃるとおり着物が似合う体型と洋装が似合う体型は相反するのは残念ながら事実ですね。
これって日本人にとっては辛い。
洋装は肩甲骨が出ていて胸がそこそこ大きく、ウエストがくびれているのが見た目に美しいシルエットとなる条件なので、この体型では明らかに美しく着物を着こなすには不利。 これはインテリアで言えば和洋折衷をすると、どちらも中途半端になって最悪になるのと同じ。
さて、それではどうすればいいか・・?
無償で伝授しましょう。
りかさんの場合は着物に関しては完成されているのでそれはキープ。
問題は洋装ですよね。体型は今のままで、といっても良く観察したわけではないので真の体型は想像するしかないが(笑)そんなに改造の必要はないと思います。

そこで、順番に羅列すると、
■基本は体型を隠すファッション(私は逃げの選択と言っている)は絶対に避ける。
 具体的には私がよく言う文化おばさんファッション(例えばロングスカートとか三宅一世のプリーツとか・・)
■専業主婦かキャリアか、はたまた事業家、商売人、識者。等々、どの種類の人か、着ているもので絶対にばれないファッション・・つまりどのジャンルにも属さないコーディネート。
■選択する服は、かたちがおしゃれ、色がおしゃれ、ラインがおしゃれ、かもし出す雰囲気がおしゃれ・・・・
 当たり前だが、{おしゃれ}が最低基本条件。
■手っ取り早いのは、スーパーブランドは間違いなく基本的なセンスはクリアーしているのでたいていの人はそこそこよく見える。だから楽な逃げ道であるが、デザインが良すぎる分その人の内面の表現の邪魔をする。
■またファッションとはトータルコーディネートなので、服だけでなく髪型から小物に至まで絶対に手抜きしない。90%センス良くまとめても一箇所手抜きすればすべてが無となる。
これって見てる人は見てますぞ! 怖い、怖い。

よってファッションコーディネートは、実はとも難しい事であり人生哲学の基本でもあります。
だから挑戦する価値は十分あります。同時に人生楽しくなることは確か。
逃げずに、そして妥協、迎合なしに挑戦し続ける姿って男性から見てステキで色っぽい事なのですべての日本のおばさん?がそうであったら、街の景色は間違いなく美しくなります。
その先頭に立ってくれたら私としてはこんなに嬉しい事はない。
りかさんは基本的なセンスと知性はすでにあるので、実践編(冒険と変革)に進化すると楽しいですぞ!
2010.08.16 00:34 | URL | #- [edit]
そらまめ says... "殿~;;"
耳も胸も…あちこち色々痛いご指摘、ありがとうございます(^^; 
ご指摘の・2・3・4は、私も大きく頷けるのですが、・1と・5は、もう…穴があったら入りたい…です(><;

特に、逃げるな!というご指摘はホント痛いものがあります。逃げたと見えないように逃げる方法考えたり、手抜きに見えない手抜きに知恵を絞ったり…そういう所にかなり頭を使っちゃう私…(^^; やはり“殿の御前にまかり越すこと適わじ…”ですね…(-_-; 

この問題は、コメント返しくらいじゃまとめきれないので、近々またきちんとブログ書きます!でも、ホントにご指導感謝ですm(__)m こんな風に言って下さる方にも言えるに方も、なかなか出会えないと思いますから…(^-^) 奥の方が美しさをキープしていらっしゃる理由、腹に落ちました!
2010.08.16 14:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/477-07f6bd9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。