そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   2 comments   0 trackback

究極の子育て!?

子育てする中で、私が無意識にやってきた自問自答…、それは、

「私(母親)がいなくても、この子は生きていけるか?」ということでした。

例えば、子供と言葉でのコミュニケーションに問題が無いと感じた頃は、「今私が死んだとしても、この子は新しいお母さんと意思疎通して何とか生きていけるだろう…」とホッとしたし、私が風邪をひいて寝込んだ時、小学生になった息子が一人で黙々と夕飯の支度をし、「ごはん、できたよ」と呼んでくれた日には、「今私が死んで、もし新しいおかあさんが“来なかった”としても、この子はひとりで生きていけるわ」と安堵したし…(^^;

でもね、先日ふと気がついてしまったんです…。
家事全般、何でも一人で出来る息子にとって、“母”というのは、無くてはならない人じゃないどころか、いて欲しい人でさえない!?ということに…(゚ロ゚;)!!

ハハ「君にとって、御飯作ったり洗濯してくれたりする母って、要らないよね…?」
息子「そうだねぇ、必然性は無いねぇ…」
ハハ「……(゜□゜)………」

つまり私は、自分の“地盤”を全く考慮せずに、子育てをしちゃったってことですね…。
で、それ以外のジャンルに於いても何ら地盤を築いてこなかった私としては、“母としての存在理由”が皆目見あたらない…!?

自立した息子を見て、「私の子育てもまぁまぁ成功したかな…」なんて思っていたのですが、子供の自立と親子の距離って、確実に反比例するんですよねぇ…(-_-;  

ちょっと“家事レベル”上げすぎだったかなぁ~
ちょっと…自分的には失敗したかなぁ~
…と、突然自己愛に目覚めちゃったハハでした…ε=(´ο`*)))

Comment

日下ヒカル says... "No title"
こんにちは。
こちらのコメントでは初めまして・・・ですね(^-^)

”御飯作ったり洗濯してくれたりする母”が必要性がないというのは、そこまで悲観しなくてもいいのかもですよ?
逆に、何も出来ないから母がいないと困る!とおんぶに抱っこ状態だったら・・・と考えると怖ろしくなることもないというか・・・(汗)

”母”がまったく必要ないかというと、そうじゃないとおもいますから
一緒にいるだけでいいと思える存在になれたら素敵なのではないでしょうか?(^^)

2010.09.08 10:14 | URL | #- [edit]
そらまめ says... "ヒカルさま"
暖かいコメントありがとうございますm(__)m
ホント、おんぶに抱っこ状態だけはあってはならぬ!と思って来ましたので、
その意味では大成功です!(笑) が、ちょっと寂しい…
っていう複雑なハハ心…なのでした…(^^;

必要か否か…って言っちゃうと、言葉の意味が狭くなりますものね…。
「ただ居るだけでいい」と言える家族、いいですよね…。
ずーっと二人とか、ずーっと三人とか…っていうことは無く、
家族の形態ってどんどん変化していくんですよね。
我が家は只今変態中なのかも!?

ヒカルさんの小説、いつも楽しみにしているのですよ♪
またお邪魔しますね(^-^)
ありがとうございました。
2010.09.08 12:40 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/490-22b94a60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。