そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   4 comments   0 trackback

HIROKO HAYASHIの長財布

いい革ものに目のない私…。加えて、(アバウトな性格の割には)機能もかなり追求するので、気に入った財布とか鞄とかって、なかなか無いのです…が、HIROKO HAYASHIは別(^-^)v

着物のように、とことん追求したことがわかる形は既に完了形だから変化せず、素材を遊ぶことで全く顔の違う財布を生み出すという手法が好きで、その素材の遊び具合にグッと来る…。

HIROKO HAYASHIの財布 HIROKO HAYASHIの財布B

これは私が悩みに悩んで購入した、HIROKO HAYASHIの黒い長財布。一見真っ黒で金具もロゴもない潔さが好きで、開いたときにチラッと目に入る真っ赤な革が色っぽい…。私が買ったんですが、今は息子の所持品となりました…。

何故なら、息子はグリーンフィンガーならぬ、レザーフィンガーとでも言いましょうか、革物を育てるのが得意なんです。彼が使うと、革物がツヤツヤのトロトロになっていく…。で、ちゃっかりもののハハは、早めに育てて欲しくて、「ちょっとこれ使っててくれる?」なんて、買って即から息子に財布を使ってもらっていたんですが、直ちに息子の手に馴染んで艶を増していく財布を見ていたら、あ~これは私のじゃない、息子のだゎ…って思っちゃった。ので、今は息子の財布となりました(^^;

いや、高校生からこんな高い財布を持たせていいんだろうか…とか、ちょっと逡巡はあったものの、まぁ、ひとつの財布を使い続けて革を育てる醍醐味っていうのもあるだろうし、財布選びに余計な時間を使わなくていいから無駄がないし…な~んて親子それぞれいいことばかり並べ立てて(自分を納得させて?)Go!

この財布、使用開始して約1年、傷も味のウチになってきた…。これから20年30年使っていったらどうなっていくんだろう…息子はこの財布をどう育てるんだろう…って想像するのも楽しい♪

そういう楽しみを+αしてくれる製品って、嬉しいもんです。

Comment

oogie says... "No title"
こんばんは~そらまめさん
最後の一行が泣かせてくれるではありませんか!
やはり只者ではありませんね^^
わたしも年月をかけて良きものに育てていく、これに魅力を感じます。
何か人の手によって+αされることは絶対にあると思うのです。
だから、綺麗で精確で壊れにくいモノは、日常品以外は買いません。
日々使うものは、それ+安さ、これに勝るものはありませんが、
やはり、ここ一番趣味のものとなると。。。。。
しかし、不精な性格のためか、長年使ってきたせいか、
私の財布は味が出る前にすでにボロボロです・・・(^^;
2011.01.31 22:51 | URL | #xsSv9W6w [edit]
そらまめ says... "oogieさま、"
育て甲斐のある物をつくる手と、育てていく手と…
色々な手が関わって、物も成長していくのでしょうかね!?
骨董好きな私としては、そんなこともあるかもね~って思ってます(^-^)

私も、物によっては「底値がいいわ!」って思うものもあれば、
少々高くても「これは、買うしかない!」って思わされる一品とがあります。
それを出会いっていうのかな…(^^;

oogieさんのお財布は、きっと“出入り”が頻繁だったのでしょう!
それは、お財布冥利に尽きる…ってことですよ(^-^)v
時々撫でてあげてくださいね~♪
そしたら、「出」より「入」が多くなるかもしれませんよ!?
2011.01.31 23:17 | URL | #mtZVGoSA [edit]
aaconee says... "No title"
こんばんは~
「皮を育てていく」って言う発想、はじめて知りました。
悔しいなぁ~。なんでそんなカッコイイこと考えちゃうの!!

西洋の家みたいですね。手を加える程に価値が出るって言う。
日本は、最近jこそ、骨董品のよさを言われる様になりましたけど、
新しいものが特に好きですもんね。そういう私もですが・・・。

そうよ!この皮みたいに、年をとって皺も磨き抜かれた、女性の魅力に
気づいて欲しいものですわ!!(磨かれてるかという所が一番の
問題であった)
2011.01.31 23:39 | URL | #- [edit]
そらまめ says... "aaconeeさま、"
うふふ…、息子が育てているのは「革」で、
aaconeeさんが育てて(?)いるのが「皮」…ですね…(*^m^*)

その発想、私、初めて知りましたよ~(笑)
“磨き抜かれた皺”…って、何だかスゴイ迫力を持って迫って来るゾ!
磨いてみましょうかね…?
どうなりますかね…?

“磨き抜かれた皺”の魅力を分かってくれる、
骨董好きな(?)燻し銀の男性を捜しましょうかね…(^_^;

aaconeeさん…、そんな人見つけたら、乞う連絡!…( *´艸`)
2011.01.31 23:50 | URL | #mtZVGoSA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/595-63d785a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。