そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   0 comments   0 trackback

本の読み方

私の前には、読みたい本が延々と連なっているために、
基本的にいつも図書館から本を借りて読みます。

だから、期限付きで読まねばならない本が、
一度に10数冊も手元に集合することが多々あって、
勢い私の読書方法はいい加減になるようです。

分厚くて読むのに時間がかかりそうな(小説以外の)本は、
目次で面白そうと思った項から読む、もしくは、
ランダムにパタッと本を開き、その頁から読み始めます。

英語圏の人って導入部分がやたら饒舌で長いから
とりあえず前半すっ飛ばして後半だけ読むと面白い!ということもよくあるので、
後半が面白かったら、最初に戻って前半を読みます。
そうすると、話がわかっているので、読む速度も倍増する、というわけです。

そんな読書法を友人に話したら、呆れられました(^_^;
彼女は、前書きから順を追って最後まで読み、しかも、3回程読み返すというのです!
そりゃ~、定着率が違うわけですね…。
ぱぁ~っとすっ飛ばして読んだ挙げ句、自分の欲しい情報部分のみゲットして喜んでいる私と、
3回も読んで、その本1冊丸々を自分の血肉にする人と…。
すごいなぁ~…とは思いつつ、私にとって、同じ本を3回読むのは苦行に近いです。

本の数自体が少なかった大昔の人は、どの本も今よりはじっくり読めたのでしょうね。
そんな「時代」に生まれていれば、私もじっくり派になれていたのでしょうか…!?


Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sola925.blog39.fc2.com/tb.php/62-63d7a5a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。