そらまめ日記

遠い日の記憶~家族の会話~ひとりごと~
Posted by そらまめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そらまめ   16 comments   0 trackback

犬の皆様へ…

散歩の途中で、かなり低い目線に見つけた、こんな看板…

DSCN0677.jpg

犬の皆様も、こんなご時世だから色々ご苦労がおありなのね、と苦笑い…。

こんなおちゃめな看板を作っちゃった(?)この家の家主さんに…
掲載をお断りせずに使わせて頂きましたが、広く告知させて頂くということで、お許し下さい。

ワンちゃんの鎖に繋がれてお散歩している人間の皆様(!)、充分お気をつけくださいましね


Posted by そらまめ   12 comments   0 trackback

ドジョウの夢

今朝の悪夢…。

とある晩餐会のテーブル。
私の左隣には、N田ドジョウ首相が座り、その前にはベ◯◯スコーニ某国首相…

ドジョウ首相は、晩餐会だというのにオレンジ色に黒い縞模様のダサいポロシャツを着て、目の前のベ◯◯スコーニ首相に向かって「ティーティーピーピー…、ティーピーティー…、ピーピーティーティー…」とシドロモドロにTPPの話を振ろうとして失敗した挙句、話すのを諦めてしまいました!

呆れ顔でドジョウ首相を一瞥し、以後、ドジョウ以外の各国首脳と楽しげに会話を続けるベ◯◯スコーニ首相…。

一部始終を隣で見ていた私は「一国の首相として、単語間違ったくらいで何故、TPPに関する自説を述べるのを止めちゃうわけ!?あなたの前に座ってる人なんて、私的にも公的にも問題山積みだけど、自説はきっちり全て演説してるわよ!」と怒ったら、ドジョウ首相は丸い背中を更に丸めて、「はい、すみません…」と私に頭を下げ、以後黙々と晩餐会の食事を平らげていました…

「私に謝ったって意味ないでしょ~!」と怒りながら目覚めた今朝は、サイテーでした…

夢って一体、どこからやって来るんでしょうね…???

Posted by そらまめ   11 comments   0 trackback

スタバの”思う壺”

わたくし、コレクターではありません!
断じてありません!

…が、頂いたり買ったり…、あれやこれやそれや、気付いたらスタバカードが結集しておりました

DSCN1649.jpg

でもね、ほら、ちょっと可愛いでしょ…?
イチローの262安打記念カードとか~、ご当地(東京)限定カードとかぁ、期間限定雪だるまとか、ね…♬

こういう小物系にはやられちゃうタチなので、持っているのに、もう一枚くらい増えてもいいかなぁ~と、ゲットしちゃったりするそらまめ家。

これにチャージしておくと、カードでコーヒーが飲めるし、いずれ使うんだし、と言い訳をいっぱい並べてみるものの、「これってやっぱりスタバの思う壺にはまってるってことだよね…」と、あくまでも冷静な息子殿。

わかってるって…、わかってるけど、この際、スタバの思う壺に入ってしまおうよ! と、潔くカードを集める方向に進みたいハハ…。あ、今なら、「5000円チャージすると、1000円分のワンドリンク・カスタマイズフリー・コーヒー券が付いてくる」ので、更にお得デス

え~と、私が次に狙っているのは、一番奥、携帯ストラップになるチビ・カードのNEWモデル…&、ご当地限定カード

オット殿が近々名古屋に出張しそうだから、お土産はこれ!…とお願いすることにして。

その他は…………カード集めの旅にでも出ようかな!?

Posted by そらまめ   8 comments   0 trackback

海ぶどうと常秀工房

沖縄土産に海ぶどうを頂きました。

DSCN1576.jpg

水に戻すとポワンと増殖する可愛いプチプチわかめ、みたいな食べ物で、酢醤油にサッとつけて頂きます

「水に戻すと増える」と書いてあった説明書をちゃんと読まずに水に漬けたので、ほんの少しだと思っていた海ぶどうが、気づいたときには、モリモリな海ぶどうに変身してました

折角だから写真に収めようと、一緒に頂いた沖縄・常秀工房さんのお更に乗せて、パシャ!

沖縄の器との出会いは20年前。「結婚祝いに、何でも好きなものをプレゼントするから選んで」と言って頂いて、その時目に止まった作家物の大皿を、何も知らずに「これ…」と指さして以来、ほぼ毎日使っていた器が実は沖縄の(多分常秀工房さんの)器でした。

更には、私の周りには”沖縄好きのお皿好き”が多くて、沖縄土産にたくさんの器を頂きまして、私は一度も沖縄に行ったことがなかったのに、沖縄の器持ちなんです。どのくらい持っているかというと…、数年前に初めて沖縄に旅した時に喜び勇んで常秀工房さんに出向いたら、主だったデザインはほぼすべて持っている…と呆然としたくらい

皆様のお陰で我家の食卓には沖縄の風が吹いてます♬

Posted by そらまめ   8 comments   0 trackback

アニバーサリーのケーキ♬

美味しいケーキが食べたい!と突然思い立ち、アニバーサリーさんに行って来ました♬
DSCN1648.jpg
ケーキを食べにどこかへ出かける、というのは珍しいことなので何だか楽しい!

表参道は週末の賑わいで、あちこちのカフェは満員…。
でも、ちょっと駅から離れた場所の、外からは見えない場所にあるこのお店は、ちょうど私たちの分の席を空けて待っててくれました

小さなお店なんですが、天井が高くてガラス張りで小さいけれど中庭があったりするためか、狭く感じない店内で、私の頼んだのは栗のモンブラン

モンブランってややもするとヘビーな食後感になりがちなのに、このモンブランはなんて爽やかなお味!と驚くほどの軽妙さ。それに、優しさが加わったお味はかなり高ポイント!

もう一皿の洋梨のタルトも、あぁ…優しいお味…と、うっとりしながらいただきました!

内装もケーキも、ビジュアルは甘々なイメージなんですが、お味は「お主やるな…」って言いたくなっちゃうくらいの上等な軽やかさがあって美味

紅茶の入れ方もGoodだし、店員さんが皆さん笑顔なので、お腹も心も満たされて、幸せな午後を過ごしました…。ありがとう♬

Posted by そらまめ   16 comments   0 trackback

神様ったら…

最近好きな、ラジオのコマーシャル…。

神様「願い事を何でもひとつ、叶えよう」
人間「えっ!?ほんと?…う~ん、ちょっと待って…」
神様「……もう叶えました」
人間「え?なんで?…」
神様「もう、待ちました…」

これ、何度聞いても笑っちゃうコマーシャルなんですが、
「神様って、なんかちょっとイジワルじゃな~い!?」って息子に言ったら、
「いや、神様はすごくピュアなんだよ…」だって!

そっか…

言葉そのものがストレートに届いて、ストレートに返ってくるってことかぁ~
神様ったら、もう、おちゃめなんだからっ…!

でも、ラジオで何の宣伝してたのか、全然覚えてない消費者なのでした…

Posted by そらまめ   16 comments   0 trackback

”ビスコ坊や”

pac_bisco.jpg pac_bisco1.jpg

グリコの「ビスコ」は子供のお菓子…と思ってる方、結構多いのではないでしょうか?かく言う私もそうでしたが、「小麦胚芽入りビスコって、赤い箱のビスコとは全然味が違うのよ!」って言われて食べて以来、お気に入りになりました♬

小麦胚芽入りのサクサク塩味ビスケットと甘み抑えめクリームが程よく合って、グリコさんの狙い通り(?)大人にも子供にも受けそうなお味です。

おやつにビスコを頂きながらパッケージに印刷されてる男の子の顔をしみじみ見ていたら、「この子もかなり歳のはず…」なんてどうでもいいことを考えちゃいましたビスコの歴史をググッてみたら、ビスコ坊やって昭和8年からずっと”坊や”をやっているんですね~。

しかも、歴代のビスコ坊や、かなり変です…

boyPacs.jpg

初代はどう見ても”とっつぁん坊や”で、何故かワイシャツにネクタイ姿だし、二代目は髪型が7:3…で口裂け男だし…、三代目はビスコ一口食べただけなのに、ほっぺ膨らみすぎでわざとらしいし…、4代目は女の子みたいだし…、5代目でやっと普通の坊やって感じなので、ちょっと気になるかな…6代目の登場が…

昭和8年にビスコが登場した時は、きっとセンセーショナルだったんでしょうね…。以来ずっと続いている子供のお菓子って、実はかなりのロングセラーですよね!?

坊やとお味の進化を楽しみに、グリコとビスコ、これからも応援しちゃいます

Posted by そらまめ   16 comments   0 trackback

6年分のプレゼント♬

恵比寿の街をそぞろ歩いていたときに偶然見つけたギャラリー空箱さん…
何となくいいな…とフラリと入ったら、
橋村大作さんというガラス作家さんの展覧会をやっていて、
生まれて初めて、「ここにあるもの全部欲しい…!」と思ってしまって、
狭い店内をグルグル回った挙句、
どれも買えずにギャラリーを後にしました…。

いや、欲しい!でも買えない、けど欲しい!…
でも、どれが欲しいか決められない…云々カンヌン…

うちに帰ってから、興奮してそんな話を息子にしたら、

「いいよ、じゃぁ、僕が買ってあげるよ…」

って…

「(寮生活をしていた)6年間は、いつも電話とかメールだけで、誕生日プレゼントあげてないからね。6年分だと思えば、まぁ、買えなくもない…」ってことで、お言葉に甘えて、ひとつ、買ってもらいました♬

ぐい呑みも、グラスも、酒器も花器も…色々あったのに、選んだ一つは、実理性の全くないオブジェ…

黒いガラスの内側に、透明のガラスの世界があって、その中心に、まるでラピュタのようなガラスの泡が浮かんでいる…という独自の世界。

いい立体はいい写真にならない…というジンクス故か、ただ単に私の腕が悪いのか…、私の撮った写真では、作品の良さが全然出せなかったので、興味のある方はこちらをどうぞ⇨glass studio 206番地

いと、ウレシ…

Posted by そらまめ   14 comments   0 trackback

恐怖を無くす…

美しい音楽、綺麗な水、緑と太陽…

アメリカの研究者が、飼っていた毒蛇に非常に良い環境を与えたところ、半年ほどで毒が消えた…という話を聞きました。

「毒蛇 x 良い環境 ⇨ 蛇 ! 」

この蛇と研究者を囲む環境が、偶然良い相乗効果を生んだ、世の中でたった一件の事例かもしれませんが、私の勘は「この話は、有り」…と言ってます。

だって、蛇が毒を蓄えるようになった最大の理由は、天敵から自分の命を守るため。でも、生命の危険が全く感じられない環境下では、自分を守る必要は無くなり、結果、毒蛇にとって最大の武器である「毒」は不要となるのだから…。

翻って、人間の場合、恐らく最大の天敵は、「死」

病気への不安も、お金が無くなったら生活できないと思う不安も、天変地異も戦争も…、全ての不安と恐怖の先にあるのは「死」

死を恐れない人になりたいと思いつつ、やっぱり、囚われていることを感じる私…。

この感覚を切り離すことに成功したら、人生、飛躍的に幸せ度が増すような気がしているのだけれど、未熟者故なかなかね…。



そうそう、この間ブログで書いた「決めて宣言する」方法、再挑戦してみようかな…。


実は、息子がその方法で10年来のアレルギーを1日で治しちゃったという話をしたら、私の母もやってみたそうです。

何年も取れずに巨大化していたおできに向かって、
「おまえはもう要らない!出て行け!!」と…

そしたら「少しずつ小さくなって、ポロッと取れた…」と報告がありました…

こちらも「単なる偶然」で片付けることもできるのですが、私は、意志の力って侮れないと思うので、おできを蹴散らした母のために、お祝いをしちゃいました…。

私が教えた母と息子には効果テキメンなんだけど、教えている私に一番効かないのは何故!?…(涙)


何が足りないのか、よ~く考えてみよう…





あ、もしかして、足りないんじゃなくて、考え過ぎかも…!?

Posted by そらまめ   19 comments   0 trackback

ミス・ユニバースV.S.・・・

ここ数年、ミス・ユニバース世界大会で日本女性が優勝することがそれほど珍しい事ではなくなってきたようですね。美の基準というのは国によって違うのでは?と思うものの、やはり美しい人は美しい…ですから、結果はちょっと気になります。

私が「丸の内1-1-1」という覚えやすい場所でOLをしていた20年ほど前のお話。

同期の仲良し3人組が、ホテルのカフェで仕事の愚痴など語りあったていたら、ミス・ユニバースの美女達がカフェに入ってきました…

そのホテルが審査会場だったのか…、あの“国名が書かれたタスキ”を胸に、超スリット入りドレスを纏った20名程の各国ミス・ユニバースが!…です。

で、最悪なことに、その時私達OL三人組は、20人ほどが座れるほど巨大な中央テーブルでお茶をしておりました…。

で、そのごーじゃすな美女たちは、私たち平凡なOLを囲むように、全員でその大テーブルに着席しだしたではありませんか!!! 

もちろん、超スリットドレスにあのタスキを付けているってことは、完璧”営業中”なわけですから、全員が満面の笑みを浮かべ、“世界中の人が私を見てるわ!オーラ”満開で、歩き方も笑い方も、頭の先からつま先まで…とにかく全神経が【美】に集約されていて、その【美】を周りの人々に振りまいている感じ…。
えぇ、国を代表するほどの美女が20人ほどで、一斉に、ね…。

もちろん、店内全員の目線は、各国の美女軍団に釘付け…。

私たち“フツーのOL軍団”も口をあんぐり開けて、自分たちを取り囲み始めた美女軍団を見つめ…ぼーっとして………いる場合じゃないぞっ!

このまま同じテーブルに同席してたら、あれもこれもそれもどれも…我彼の歴然とした“差“を、思いっきり見せつけられているようなもんでしょ!

日本では身長高い女子で通っていた私(168cm)ですが、私より10センチは高いであろう彼女たちが、更に10cm以上のハイヒールを履くと、190cm!?

…生まれて初めて、「私ってチビ!?」って思ったし、美しさのオーラx20人分の…そりゃ~もう半端ないゴージャス感と比較されて……、周囲の視線が痛かった~

そそくさとその場を立ち去ったのは言うまでもありませんが、ぽつんと空席になった私達数名分の座席も、あの後所在なかっただろうなぁ…。
あ、それとも、私たちの去った後に美女が座ってご満悦だったかな!?(笑)

この話をしたら、息子に「それって、男子だったら、ジャニーズのイケメンの中にぽつんと普通の人が座っちゃった感じ?」と言われました…。いやいや、全然そんなもんじゃないな…。その差はまさに月とスッポン…。

私の、涙なしには語れない、遠い日の思い出……


さてさて、今年のミス・ユニバースはどこの国の美女が優勝するんでしょうね…?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。